KINJO特化美術表現 × 福井大学 西本研究室 第2回交流授業

2018.07.24 幼児教育学科

 

10月の「金城祭」に向けて、
福井大学・西本研究室の学生さん主導で「ハウス」の教材研究を行いました。

image001

福井大・西本研究室 学生8名+西本先生
KINJO特化美術表現 学生33名+教員2名

 

西本研究室の学生さんが4つの案を持ってきてくださいました。

image005 image003
丸太ハウス 折り紙ハウス
image009 image007
立体迷路ハウス ホワイトハウス

どれも作ってみたい「ハウス」ばかりです。

8班に分かれ4つのコーナーで実際に作ってみました。
30分刻みで順番に移動していくスタイルが新鮮です。

image011 image013

 

西本研究室の学生さんが考えてきた案に対して、こども目線で、こどもができそうか、時間がかからないか、アート的な要素はあるか、などについて意見を出しました。

image015 image017

 

異なる領域で学んでいる学生たちが出会うことは新鮮で、発見も多くあります。
多くの課題も見つかりました。

image019

今回のようなプロセスを辿りながら一つの企画を互いの視点で見つめ、改善策などをともに考え、かたちを創りあげていくような交流ができるようになったことは大きな喜びです。

 

「金城祭」は10月20日(土)、21日(日)です。
どの「ハウス」をつくることになるでしょう? 対象年齢は小学校4年生以上です。

ご準備くださった西本研究室の学生の皆さま、ありがとうございました。幼児教育の学生達は、建築の学生さん達の「カッター裁き」に見とれていました。

image023

image021