出張講座|金城大学

講演

テーマ:看護という仕事 聴講無料

看護という仕事を生業(なりわい)にできたことを、人生最大の神様の贈り物として受け取っている講師より、看護という仕事を通して経験できた、感じた色々な出来事をからめて、看護というものはどんなものなのか、看護の魅力や展望など参加者の皆様へお話ししたいと考えています。

講師

永山 くに子(金城大学 看護学部長・教授)

プロフィール

富山県入善町の出身。
2000年に富山医科薬科大学(現、富山大学医学部看護学科)に就任、看護教育・助産師教育を経て2013年に退官。
富山大学名誉教授。
2015年から金城大学看護学部創設に伴い学部長として就任、学士課程の看護基礎教育に携わり現在に至る。
専門領域は母性看護学、助産学、看護管理。

講師

講演概要

看護という仕事を生業(なりわい)にできたことは人生最大の神様からの贈りものです。今回、その看護という仕事を通して、ごく身近で起きた話題(「多くの人々から掛けられた言葉の一つ一つ」、「父を看取って」、「自分の患者体験から」、「校章にみるシンボルが伝えたいこと」など)をからめ、看護について語ってみようと思います。

日時

平成30年9月8日(土)
開場 13:30 開演 14:00~15:30

会場

富山県 高岡文化ホール (多目的小ホール)

定員

100人

問い合わせ先

〒924-8511 石川県白山市笠間町1200番地 (金城大学/笠間キャンパス) 総務企画部
TEL:076-225-3442(ダイヤルイン)  FAX:076-275-4316
E-mail:souki@kinjo.ac.jp

お申し込みはこちら

主催/金城大学  後援/公益社団法人 富山県看護協会、高岡市