TOP 医療健康学部 > 理学療法学科

理学療法学科授業風景

三次元動作解析装置を用いた動作分析の実習の様子

丁寧な教育と学生支援
先進的な実践教育プロジェクトで学びを深める。

理学療法学科では、人体の機能や構造といった基礎医学の基盤を、無理なく応用知識や専門技術につなげられる段階的なカリキュラムを組んでいます。さらに、少人数学修担当制で、学生1人ひとりの学びだけでなく学生生活までもサポートします。すべての学生が夢を実現できるよう、伴走していきます。特徴的な取組みとして、子どもの発育や高校生の運動支援、高齢者の健康増進などあらゆる世代の健康ニーズに応える先進的な実践教育プロジェクトを立ち上げています。そこでは様々な人たちとコミュニケーションを重ねながら、表現力や判断力、思考力を磨きます。また、学外の200を超える様々な分野の臨床実習施設と共に、保健・医療・福祉をリードできる理学療法士を育てます。


STUDENT'S VOICE

生徒の声

必要な知識や技術を安心して学び
目標に向かってステップアップ。

山下 遼弥
理学療法学科
(石川県・金沢桜丘高校出身)

勉強をはじめ学生生活はとても充実しています。1~2年次に修学担当の先生に学習方法や学生生活のことまで相談でき、学ぶ意欲が高まりました。それぞれの分野の先生も熱意を持って教えてくれるので、モチベーションが上がります。解剖学などの基礎からしっかり知識を積み重ねられ、実習に必要な検査法などもできるまで繰り返し学べるため、着実に理学療法士という目標に近づいていると感じます。


資格・主な就職先

取得できる主な資格・免許

  • 理学療法士 国家試験受験資格
  • 社会福祉主事任用資格
  • 福祉住環境コーディネーター〈取得を目指す資格〉
  • ケアマネジャー(介護支援専門員)※〈卒業後に取得を目指せる資格〉
    ※理学療法士など一定期間以上の実務経験が必要

卒業後の主な活躍の場

  • 大学病院
  • 総合病院
  • リハビリテーション病院
  • 小児病院
  • 精神科病院
  • 診療所
  • 老人保健施設
  • 障害者福祉センター
  • デイサービス など