TOP 医療健康学部 > 作業療法学科

作業療法学科授業風景

筋電図で腕の動きを分析している様子

世界に羽ばたく作業療法士を
大切に育てます。

厚生労働省の定める養成校の実習時間の基準は810時間、それに対し本学では1,000時間以上の臨床実習を経験することができます。これは卒業後の活躍につながる、高い臨床対応能力の基盤づくりに力を入れているからです。さらに1,000時間は世界作業療法士連盟(WFOT)による国際基準を満たしており、本学はWFOTの認定校です。本学で身につけたリハビリテーション技術を、国際機関や世界の国々で活かすこともできます。また、教員はすべて博士または修士の学位を取得し、作業療法士養成校で使用する教科書を作成したり研究論文を執筆する教員が多数おり、入学時から少人数の学生を担当して1人ひとりの学生に向き合い、丁寧に指導を行います。


STUDENT'S VOICE

生徒の声

初めて学ぶ生理学や解剖学も
楽しみながら勉強できました。

市村 友樹
作業療法学科
(石川県・金沢辰巳丘高校出身)

患者さんの趣味や興味にフォーカスし、治療につなげられるところに魅力を感じて、作業療法士を目指すよ うに。ただ、生理学や解剖学は初めてで、不安もありました。でも、毎回の丁寧な授業と、勉強しただけ力 がつく楽しさにハマり、気づけば友人からも質問をされるようになっていました。1〜2年次は、理学療法学 科との共通の講義も多く、気軽に話せる仲間ができたのも、将来連携する幅が広がりそうで嬉しいです。



資格・主な就職先

取得できる主な資格・免許

  • 作業療法士 国家試験受験資格
  • 社会福祉主事任用資格
  • 福祉住環境コーディネーター〈取得を目指す資格〉
  • ケアマネジャー(介護支援専門員)※〈卒業後に取得を目指せる資格〉
    ※作業療法士など一定期間以上の実務経験が必要

卒業後の主な活躍の場

  • 大学病院
  • 総合病院
  • リハビリテーション病院
  • 小児病院
  • 精神科病院
  • 訪問リハビリテーション
  • 老人保健施設
  • 障害者福祉センター
  • 行政機関(市役所・保健所) など