TOP 医療健康学部 > 作業療法学科

作業療法学科授業風景

作業療法の評価の一つである上肢機能検査の遂行に伴って発生している筋活動を観察している様子。

生活を見る視点を大切にした
「体験型の学び」が充実

作業療法士の仕事は、身体や精神に障がいのある方が、失った機能を取り戻したり、残された機能を生かして主体的な生活ができるように、作業活動を用いて治療・支援していくことです。それには、脳と身体の機能や仕組みはもちろん、その人の「生活を見る」視点が欠かせません。作業療法学科では、体験型・実践型の授業を数多く展開し、安心して臨床実習に臨めるよう、実習前に客観的臨床能力試験(OSCE:オスキー)の実施をシステム化しています。臨床の現場で求められる知識や技術だけでなく、患者さんと向き合う「態度」についても学ぶことができます。


経験と実績のある教師陣と
地域活動をとおして学びを深める

教員は、すべて博士または修士の学位を取得しており、全国の作業療法士養成校で使用されている教科書の作成に携わったり、研究論文を執筆している教員も多数。そんな教員が、一人ひとりの学生に向き合い、丁寧に指導を行います。学生も一緒に地域へ出向き、地域貢献しながら学びを深めることができます。たとえば、認知症早期発見プロジェクトでは、高齢者の健康状態や体力、記憶力や注意力などの脳の機能チェックやアドバイスを行っています。活動を通して、実践的な知識やコミュニケーション能力を身につけることができます。


世界に羽ばたく
作業療法士を育成

厚生労働省の定める養成校の実習時間の基準は810時間。それに対し、本学科では、1,000時間以上の臨床実習を行っています。それは、卒業後の活躍につながる、高い臨床対応力の基盤づくりに力を入れているから。保育所・小児施設からリハ専門病院、高齢者施設まで、幅広い対象の実習施設で、それぞれの専門分野を体験することができます。さらに、1,000時間というのは、世界作業療法士連盟(WFOT)による国際基準を満たす時間数でもあり、本学は同連盟の認定校です。超高齢社会の日本で身につけたリハビリテーション技術を、国際的な機関や世界の国々で生かす将来像も、描くことができるでしょう。


STUDENT'S VOICE

鈴木 雄大

好きなことを生かして
誰かの役に立ちたい。
夢に一歩ずつ近づいてます。

鈴木 雄大
作業療法学科
(新潟県・新潟西高等学校出身)

手を動かすことが好きという理由で、作業療法士に興味を持ちました。最初は幅広い学びにびっくり。「解剖学」などは大変でしたが「将来の患者さんのために」と思ってがんばりました。2年次からは、演習・実習も増えてきますが、理解できるまで指導してくれるので、しっかりついて行けています。さらに実習の前には患者さんへの接し方の試験もあり、現場に出るにあたっては心強いですね。今の楽しみは「作業学」の授業。木工や手芸、陶芸などを実際にやりながら、動きを分析していくものです。好きなことを生かして誰かの役に立てたらいいなと、改めて感じています。



資格・主な就職先
取得できる資格・免許
作業療法士
国家試験受験資格
社会福祉主事任用資格

取得を目指す資格
福祉住環境コーディネーター

卒業後に取得を目指せる資格
ケアマネージャー(介護支援専門員)
※作業療法士など一定期間以上の
 実務経験が必要
卒業後の主な職業・職種
作業療法士
(大学病院、総合病院、リハビリテーション病院、小児病院、精神科病院、診療所、老人保健施設、障害者福祉センター、デイサービス、障害児入所施設、通所支援施設、役所(地方自治体)、福祉事務所、訪問リハビリテーション、保健所(センター)、特別養護老人ホームなど)

※作業療法学科は、まだ卒業生がいないため現時点での実績はございません。