TOP 医療健康学部 > 作業療法学科

作業療法学科授業風景

筋電図で腕の動きを分析している様子

気持ちに寄り添う作業療法士を育成。

けがや障がいを負った患者さんが自立(または自律)した生活を送れるように、身体、精神、社会、職業、趣味、教育の側面を改善させる技能を学びます。

確実な学びをサポートする仕組み。

入学時から教員が各学生を個別にサポートする修学担当制を取り、専門性の高い学びへの移行をサポートします。

世界に羽ばたく作業療法士を育成。

世界作業療法士連盟(WFOT)の認定校である本学の卒業によって、世界で活躍するチャンスが得られます。

KINJO VOICE

KINJO VOICE

高齢者や障がいを抱える方の日常生活や
生きがいを支援する心と身体の
リハビリテーション

菅内 咲和花
作業療法学科 4年
(石川県・金沢錦丘高校出身)

理学療法士は、身体に障がいのある方の起き上がる、歩く、寝返るなど、基本となる身体動作の回復を図るリハビリテーションを得意とします。
作業療法士は、身体の麻痺がある方、生活に支障がある方が、食事をする、顔を洗う、料理をする、字を書くなどの日常生活に必要な動作や適応能力の回復を図るリハビリテーションを得意とします。
私は、お箸を持って食事ができるようになるなど、これまではできなかったことができるようになったこと、他人に迷惑をかけずにできることに喜びを感じている患者さんの様子をみて、心のケアも仕事の領域になる作業療法士の仕事にやりがいを感じています。

資格・主な就職先

取得できる主な資格・免許

  • 作業療法士 国家試験受験資格
  • 社会福祉主事任用資格

取得を目指す資格

  • 福祉住環境コーディネーター

卒業後に取得を目指せる資格

  • ケアマネジャー(介護支援専門員)
    ※作業療法士など一定期間以上の実務経験が必要

卒業後の主な活躍の場

  • 大学病院
  • 総合病院
  • リハビリテーション病院
  • 小児病院
  • 精神科病院
  • 訪問リハビリテーション
  • 老人保健施設
  • 障害者福祉センター
  • 行政機関(市役所・保健所) など