カリキュラム

<看護学科>


カリキュラム

地元の自然や医療制度を学ぶ特徴的な科目や
看護職として必要な自覚、倫理観、課題解決能力、コミュニケーション能力を育成するカリキュラム構成。

科目 1年次 2年次
基  礎  科  目
  • レクリエーション活動Ⅰ・Ⅱ
  • スポーツ
  • 英語Ⅰ・Ⅱ・Ⅲ・Ⅳ
  • 情報処理演習Ⅰ・Ⅱ
  • 基礎演習Ⅰ・Ⅱ
  • スポーツ理論
  • 言葉と文化(英語)Ⅰ・Ⅱ
  • 言葉と文化(中国語)Ⅰ・Ⅱ
主  題  科  目
  • ボランティア入門
  • ボランティア活動Ⅰ
  • 自然科学Ⅰ(生物系)
  • 自然科学Ⅱ(物理系)
  • 自然科学Ⅲ(数学系)
  • 自然科学Ⅳ(化学系)
  • 白山市の自然と文化
  • 自然科学概論
  • 高齢者福祉論
  • 障害者福祉論
  • 美術
  • 日本史Ⅰ・Ⅱ
  • ボランティア活動Ⅱ
  • 法学(憲法)Ⅰ
  • 法学Ⅱ
  • 環境論
  • 社会学
  • 日本文学Ⅰ・Ⅱ
  • 統計学
  • 東洋史
専門基本科目
  • 解剖生理学Ⅰ・Ⅱ
  • 解剖生理学実習
  • 栄養代謝学
  • リハビリテーション概論
  • 心理学
  • 医学概論
  • 病理病態学
  • 保健医療概論
  • 公衆衛生学
  • 社会福祉概論Ⅰ・Ⅱ
  • 保健医療制度論
  • 社会保障制度論
  • 微生物学
  • 人類遺伝・発生学
  • 免疫学
  • 診断治療学Ⅰ(内科系)
  • 診断治療学Ⅱ(外科系)
  • 診断治療学Ⅲ(周産期)
  • 診断治療学Ⅳ(小児)
  • 診断治療学Ⅴ(精神)
  • 臨床栄養学
  • 臨床心理学Ⅰ・Ⅱ
  • 臨床薬理学
  • カウンセリング演習
  • 安全管理
  • 感染防御
  • 石川県・白山市の保健医療事情
  • 疫学・保健統計入門
  • 看護関連法規
専門展開科目
  • 看護概論
  • 基礎看護学実習Ⅰ
  • 看護理論
  • 看護倫理
  • 基礎看護学方法論
  • 基礎看護学方法論演習Ⅰ
  • 成人看護学概論
  • 基礎看護学方法論演習Ⅱ
  • 基礎看護学実習Ⅱ
  • 成人看護論Ⅰ(健康期)
  • 成人看護論Ⅱ(急性期)
  • 成人看護論Ⅲ(回復期)
  • 成人看護論Ⅳ(慢性期)
  • 成人看護論Ⅴ(終末期)
  • 成人看護学演習Ⅰ・Ⅱ
  • 高齢者看護学概論
  • 小児看護学概論
  • 母性看護学概論
  • 精神看護学概論
  • 在宅看護学概論
  • 看護学研究法
  • チーム医療論
  • 地域と看護

科目 3年次 4年次
基  礎  科  目
  • 医学英語
 
主  題  科  目
  • ソーシャルワーク論Ⅰ
  • 介護福祉論Ⅰ
  • ソーシャルワーク論Ⅱ
  • 介護福祉論Ⅱ
  • 医療関係法
専門基本科目  
  • 高齢者の心理
  • 障害者の心理
専門展開科目
  • 看護情報論
  • 成人看護学実習Ⅰ・Ⅱ
  • 高齢者看護論
  • 高齢者看護学演習
  • 高齢者看護学実習Ⅰ・Ⅱ
  • チーム医療演習
  • 小児看護論
  • 小児看護学演習
  • 母性看護論
  • 母性看護学演習
  • 精神看護論
  • 精神看護学演習
  • 在宅看護論
  • 在宅看護学演習
  • 看護管理論
  • 看護教育論
  • 災害看護論
  • 国際看護論
  • 看護英語
  • 卒業研究ゼミⅠ
  • 小児看護学実習
  • 母性看護学実習
  • 精神看護学実習
  • 在宅看護学実習
  • 統合実習
  • 卒業研究ゼミⅡ
  • 卒業論文

●卒業要件=合計127単位以上

履修系統図

履修系統図は、学生が身につけるべき知識・能力と授業科目との間の対応関係を示しています。
» 履修系統図

主な科目紹介

  • (1) 解剖生理学Ⅰ・Ⅱ

    ヒトの様々な病気や、それに対する看護を学ぶためには、まず正常な人体について知ることが必要になります。解剖生理学は正常な人体の構造と機能に関する正確な知識を理解することを目的に、看護学を学ぶ基礎として重要です。

    解剖生理学Ⅰ・Ⅱ
  • (2) 基礎看護学方法論演習Ⅰ・Ⅱ

    看護実践上の基本となる日常生活援助技術やフィジカルアセスメントの技術、診療の補助技術を学びます。実際の臨床現場を模した広くて清潔感あふれる実習室で、看護実践に必要な思考力と正確で安全・安楽な技術を習得します。

    基礎看護学方法論演習Ⅰ・Ⅱ
  • (3) チーム医療演習

    良質の医療を提供するためには、様々な専門職がチームとして連携・協働して患者をサポートすることが大切です。演習では、チーム医療に必要な知識・技術・態度について、実際の症例を基に各専門職の役割と機能を理解し、相互のコミュニケーションによる連携のあり方を学びます。

    チーム医療演習