TOP 看護学部 >看護学科

看護学科

新生児のポジショニング演習の様子

他学部との融合・感化しあう学びの場。
自ら学ぶ少人数教育でチーム医療における理論と
実践を深く学ぶ。

看護学部では、すでに社会福祉学部や医療健康学部で開講されている科目の多くを履修します。一方で、地域 連携の重要性が高まる医療現場のニーズに応えるため、白山市特有の地形や医療福祉の現状を学ぶ科目も開講しています。看護学部の学びは、グループワークや、様々な課題に対して自ら解決策を見出していく学習方法「PBL(Problem Based Learning)」を中心に進められます。また、基礎から専門への段階的な学習を通して、専門職としての基礎的知識・態度・技能を身につけます。多職種連携は、チーム医療を行ううえで非常に重要です。3年次前期に「チーム医療論」で様々な症例におけるサポート体制を学び、後期からの実習で具体的に理解を深めていきます。このように充実した教育環境での4年間の学びは、看護師としてのあらゆる可能性へとつながっています。

STUDENT'S VOICE

生徒の声

毎日が新しい学びの連続で
すべてが夢につながっている感覚。

三谷 真菜
看護学科
(石川県・星稜高校出身)

4年間かけてじっくり看護を学びたいと思い、金城大学を選びました。1年次からすべての授業が看護につ ながっていて、夢に向かって勉強できるのが本当に楽しいです。そう思えるのは、先生方の強力なサポー トがあってこそ。授業以外でも顔をあわせると声をかけてくださって、質問もしやすいです。最新設備も整っ ている環境で、基礎からしっかり身につけられています。学びを統合して自分のものにしていきたいです。


資格・主な就職先

取得できる主な資格・免許

  • 看護師 国家試験受験資格
  • ケアマネジャー(介護支援専門員)※〈卒業後に取得を目指せる資格〉
    ※看護師など一定期間以上の実務経験が必要

卒業後の主な活躍の場

  • 大学病院・総合病院
  • 一般病院・診療所(クリニック)
  • 訪問看護ステーション
  • 検診センター
  • 高齢者介護施設
  • 保育所・幼稚園
  • 保険所
  • 企業の健康管理室など