TOP大学院 > カリキュラム

CURRICULUM大学院のカリキュラム

科目区分 1年次
前期 後期
基礎科目 研究方法、教育、関連職種の理解・連携などに関する科目
  • 医療健康学特論
  • リハビリテーション医学特論
  • リハビリテーション研究法特論(必修)
  • リハビリテーション統計学特論
  • リハビリテーション教育特論(必修)
  • 社会福祉特論
  • リハビリテーション研究法演習(必修)
  • 地域リハビリテーション特論
  • 介護福祉特論
  • 保育・幼児教育特論
  • 看護特論
専門科目 基礎リハビリテーション領域
生理学、解剖学、循環器外科などを基礎とした学修・研究
  • 基礎リハビリテーション特論Ⅰ
  • 基礎リハビリテーション特論Ⅱ
  • 基礎リハビリテーション演習Ⅰ
  • 基礎リハビリテーション演習Ⅱ
  • 基礎リハビリテーション特別研究(研究指導)
発達・心理関連領域
小児整形外科、発達心理学、高齢者医学、精神神経科学などを基礎とした学修・研究
  • 発達・心理関連特論Ⅰ
  • 発達・心理関連特論Ⅱ
  • 発達・心理関連特論Ⅲ
  • 発達・心理関連演習Ⅰ
  • 発達・心理関連演習Ⅱ
  • 発達・心理関連演習Ⅲ
  • 発達・心理関連特別研究(研究指導)
実践的リハビリテーション領域
運動療法、物理療法、骨・関節、脊髄損傷、脳卒中、中枢疾患評価、地域リハ、介護予防など、多様な分野の実践的リハビリテーションに関する学修、研究
  • 実践的リハビリテーション特論Ⅰ
  • 実践的リハビリテーション特論Ⅱ
  • 実践的リハビリテーション特論Ⅲ
  • 実践的リハビリテーション特論Ⅳ
  • 実践的リハビリテーション特論Ⅴ
  • 実践的リハビリテーション特論Ⅵ
  • 実践的リハビリテーション演習Ⅰ
  • 実践的リハビリテーション演習Ⅱ
  • 実践的リハビリテーション演習Ⅲ
  • 実践的リハビリテーション演習Ⅳ
  • 実践的リハビリテーション演習Ⅴ
  • 実践的リハビリテーション演習Ⅵ
  • 実践的リハビリテーション特別研究(研究指導)


科目区分 2年次
前期 後期
基礎科目 研究方法、教育、関連職種の理解・連携などに関する科目
  • 関連職種連携演習
専門科目 基礎リハビリテーション領域
生理学、解剖学、循環器外科などを基礎とした学修・研究
  • 基礎リハビリテーション特別研究(研究指導)
発達・心理関連領域
小児整形外科、発達心理学、高齢者医学、精神神経科学などを基礎とした学修・研究
  • 発達・心理関連特別研究(研究指導)
実践的リハビリテーション領域
運動療法、物理療法、骨・関節、脊髄損傷、脳卒中、中枢疾患評価、地域リハ、介護予防など、多様な分野の実践的リハビリテーションに関する学修、研究
  • 実践的リハビリテーション特別研究(研究指導)

●修了要件…研究指導教員が指定する専門科目の特論、演習、特別研究を含む30単位以上を修得し、別に定める論文審査に合格すること。