TOP社会福祉学部 社会福祉学科 >社会福祉専攻 社会福祉コース

社会福祉コース授業風景

利用者と福祉サービスをつなぐ、福祉のエキスパート

社会福祉士は、心身の障がいや家庭環境などが理由で、日常生活を送る上でサポートが必要な人々の相談に乗ったり、具体的支援を行うための環境を整えるのが仕事です。保健医療福祉サービスを提供する関係者と、これらのサービスを利用する人のかけ橋となるなど、重要な役割を担います。社会福祉コースでは社会福祉士など、福祉のエキスパートを養成するための教育を展開します。

幅広い教養を身につけ、専門的かつ実践的に福祉の知識を深める

授業風景 授業では、社会福祉の精神や制度と歴史、社会福祉援助技術から心理学、医学の基礎に至るまでを学習。全ての人々が平等に生きる社会を実現し、その担い手となるためのノウハウを学びます。さらに、法学や経済学、英語、中国語、情報処理などの幅広い科目を履修することにより、広い視野と様々な分野に対応できる能力を身につけます。指定科目を履修することにより、卒業時に社会福祉士国家試験受験資格を取得することができます。国家試験への対応としては、対策講座や模擬試験実施など、充実した支援体制を整えています。

活躍の場は幅広く、多種多彩

社会福祉士のように、高い専門技術と知識を備えた福祉のエキスパートは、社会の様々な分野で活躍できる可能性があります。福祉施設や医療施設(病院)、福祉行政機関(公務員)、社会福祉協議会などの専門職として働く職場の他にも、福祉機器を扱う福祉関連企業やサービス業を中心とした一般企業など、活躍の場は実に多彩です。

  • 資格・主な就職先
卒業後の主な職業・職種
取得できる資格・免許
社会福祉士
国家試験受験資格
社会福祉主事任用資格
身体障害者福祉司任用資格
知的障害者福祉司任用資格
児童福祉司任用資格 ※要実務経験
児童指導員任用資格
福祉用具専門相談員
教員免許
特別支援学校教諭1種
(知的障害・肢体不自由・病弱)
高等学校教諭1種(福祉)
高等学校教諭1種(公民)
中学校教諭1種(社会)
取得を目指す資格
介護職員初任者研修
福祉住環境コーディネーター
卒業後に取得を目指せる資格
ケアマネージャー(介護支援専門員)
※社会福祉士など一定期間以上
 福祉業務の実務経験が必要
社会福祉士(福祉施設、医療施設)
生活相談員・生活支援員
(高齢者福祉施設、障害者支援施設)
児童指導員(児童福祉施設)
医療ソーシャルワーカー(医療施設)
教員(中学校、高等学校、特別支援学校)
公務員(県庁、市役所、福祉事務所など)
事務職・営業職・総合職・サービス職など
(一般企業、福祉関連企業など)
その他
(社会福祉協議会職員、ボランティア団体職員、NPO職員など)
Pick Up
ソーシャルワーク演習Ⅱ

西 郁代子 講師

西 郁代子講師
社会福祉学部
専門 : 地域福祉

今まで学んできた制度や法律を、「単に知っている」から「現場で活かせる」知識へと変えていく授業。具体的な事例に対して、自分で調べたりグループで話し合いながら、どう支援するか、どんな法律や制度が活用できるかを考えます。主にグループワークなので、自分の意見をしっかり言い、相手の意見も聞くことが必要。答えは自分で見つけ出していくもの、それがいかにわくわくすることかを実感してほしいですね。関係調整や協力が欠かせない仕事なので、そういう力が仕事のやりがいにつながると思います。

芝田 まりの

芝田 まりの
社会福祉学科 社会福祉専攻 社会福祉コース
(石川県・野々市明倫高校出身)

たとえば、ひとつのアパートに住んでいる大学生と、隣のサラリーマンや主婦など住民間でのトラブル。4〜5人のグループの中でそれぞれの役割を演じ、どう対処していくかをグループみんなで考えます。最近では、ソーシャルワーカー役と利用者役という実際の相談援助に近い設定もあり、自分の相づちのクセなどがわかることも。「自己覚知」といって、他人を支援するにはまず自分を知ることも大事だそうです。自分が生きてきた道を振り返るなど、和気あいあいとした授業の中で相談職への自覚も出てきています。