TOP社会福祉学部 社会福祉学科 >社会福祉専攻 社会福祉コース

社会福祉コース授業風景

ソーシャルワーク実習に向けて自己学習した内容を授業で発表している様子。

その人らしい暮らしを支える
相談援助のエキスパートに

社会福祉士は、社会で困ったりサポートが必要な人の相談にのり、支援のための社会資源をコーディネートするエキスパート。地域で十分に力を発揮するには、〈①相手を理解し信頼関係を築くためのコミュニケーション力〉、〈②高度化、複雑化する制度の中で、一人ひとりの生活に合ったサポート体制を作り上げるコーディネート力〉、〈③多様化するニーズに対応する幅広い知識〉が求められます。社会福祉コースでは、これらを身につけるための教育を総合的に展開しています。


自ら考え、動き、生み出す力を
主体的な学びの場で身につける

社会福祉コースは、カリキュラム選択の自由度が高いのが特徴です。社会福祉関連の科目に加えて、心理学、経済学、宗教学、語学、情報処理などの幅広い科目を履修することができます。また、本コースには心理学と経済学の副専攻制度があり、社会福祉学を軸としながらも学びの視野をさらに広げることが可能です。
また、それぞれの関心や将来の目標に合わせて、ボランティアやインターンシップ等、学内外のさまざまな活動に積極的に参加する風土があります。同学年はもちろん先輩、後輩たちとも情報交換・切磋琢磨しながら、自ら学び続ける力をつけていきます。


社会福祉の基礎を土台に
活躍の場は多種多様に幅広く

社会福祉士のように、高い専門技術と知識を備えた福祉のエキスパートは、社会の様々な分野で活躍できる可能性があります。福祉施設や医療施設(病院)、福祉行政機関(公務員)、社会福祉協議会などの専門職として働く職場の他にも、福祉機器を扱う福祉関連企業やサービス業を中心とした一般企業など、活躍の場は実に多彩です。

STUDENT'S VOICE

高桑 茉里

同じ夢を持つ友人たちと一緒に
興味のある分野をとことん
学べるって気持ちいい!

高桑 茉里
社会福祉学科 社会福祉コース
(富山県・南砺福光高校出身)

「将来は人と関わる仕事がしたい」と思っていたので、高齢者も障がいがある人についても幅広く学べる金城大学に。興味のある分野をずっと勉強できるのがすごく気持ちいいですね。特に印象的なのは、2年次から始まるソーシャルワーク演習。さまざまな事例を読み、その人の必要としている支援を考えグループワークをします。自分では気付けなかった課題や支援方法などいろんな考え方を学びました。年次を重ねるごとに、自然と実習に向けての心構えができてきたと感じます。社会福祉を学びたい意欲のある人たちが多く、助け合いながら高め合っていける環境も最高です。

資格・主な就職先
取得できる資格・免許

社会福祉士国家試験受験資格

社会福祉主事任用資格
身体障害者福祉司任用資格
知的障害者福祉司任用資格
児童福祉司任用資格 ※要実務経験
児童指導員任用資格
福祉用具専門相談員

取得を目指す資格

介護職員初任者研修
福祉住環境コーディネーター

教員免許

特別支援学校教諭1種
(知的障害・肢体不自由・病弱)
高等学校教諭1種(福祉)
高等学校教諭1種(公民)
中学校教諭1種(社会)

卒業後に取得を目指せる資格

ケアマネージャー(介護支援専門員)
※社会福祉士など一定期間以上
 福祉業務の実務経験が必要

卒業後の主な職業・職種
社会福祉士(福祉施設、医療施設)
生活相談員・生活支援員(高齢者福祉施設、障害者支援施設)
児童指導員(児童福祉施設)
医療ソーシャルワーカー(大学病院、総合病院など)
教員(中学校、高等学校、特別支援学校)
公務員(県庁、市役所、福祉事務所など)
事務職・営業職・総合職・サービス職など(一般企業、福祉関連企業など)
その他(社会福祉協議会職員、ボランティア団体職員、NPO職員など)