TOP社会福祉学部 社会福祉学科 >社会福祉専攻 生活支援コース

生活支援コース授業風景

体の左半分が不自由な方がベッド上で寝たままの状態で上下の服を着替える技術を学んでいる様子。

豊かな人間性を育み
介護職のリーダーになれる人材を養成

介護の専門職には、豊かな人間性と冷静な判断力が求められます。生活支援コースでは、学生と学生、学生と教員との関わりにはもちろん、実習や学内サロン「ゆうがく広場」、ボランティア活動等で、高齢者や障がいがある人、多職種と触れ合い、人間性を磨いていきます。さらに、介護に関する判断力や他者との調整力を養うために、介護過程や介護マネジメント、生活支援技術、ソーシャルワーク演習など、幅広く多彩な科目を用意。介護職のリーダーとなる人材を養成していきます。


最先端の手法を学ぶ演習や
実習で、実践的介護力を高める

学内では、家政実習室や入浴実習室を利用した実践的な授業を通して、最先端の生活支援手法を学びます。2年次からは介護実習がスタート。実習先は、高齢者福祉施設、障害者福祉施設、児童福祉施設など、北陸3県に100か所以上あります。施設や在宅サービスの利用者の方々と実際に接することで、大学で学んだ知識や技術をより確かなものにし、高い実践能力を身につけた介護福祉士を目指します。


介護福祉士と社会福祉士の
ダブルライセンス取得が可能

生活支援コースは、卒業時に介護福祉士国家試験受験資格を取得できます。また、指定科目を履修することにより、卒業時に社会福祉士国家試験受験資格を取得することも可能です。両方の国家試験に合格し、介護福祉士資格と社会福祉士資格のダブルライセンスが実現すれば、福祉専門職としての活躍が更に期待されるのはもちろん、より幅広い職業選択も可能になります。

在学中にアクティビティ・ワーカー取得可能!

アクティビティ・サービスは、福祉サービスを利用する方たちの心身と生活の活性化を目指して行われる生活支援サービスです。その人らしい生活の生き方や過ごし方、自己実現に向けた支援を担います。そのため、対人援助の基本や、文化・歴史の理解、具体的なサービスの提供を学びます。実習では、プログラムを立案し実践を通して学びを深めます。本学で世代間交流事業として行われている「ゆうがく広場」においても、アクティビティ・ワーカーとして力を発揮することができます。


介護福祉士実務者学校(実務者研修)

実務者研修は、介護現場で働いている方たちが介護福祉士の国家試験を受験するための必修研修となります。研修は通信課程で行います。レポートはe-ラーニングで、スクーリングは7日間です。6か月で修了し国家試験へのサポートで100%合格を目指します。
>詳しくはこちら

STUDENT'S VOICE

河岸 奈苗

実習や演習で将来の姿を
イメージできるから
勉強も楽しく進められました。

河岸 奈苗
社会福祉学科 生活支援コース
(石川県・金沢伏見高校出身)

高校でも福祉コースだったのですが、大学ではより具体的に専門分野を学び、知識も深まっていると感じます。4年間しっかり勉強でき、コース仲間との絆も強い金城大学で本当によかったと思いますね。施設実習前には、実技のチェック項目をクリアすることが必須。先生に見ていただくのはもちろん、友人同士で練習し合って乗り越えました。演習や実技が多いため、楽しいだけでなく、現場で働く姿をイメージできるのもいいですね。調理実習で栄養価を考えた料理を作ったり、実習室でベッドメイキングや移乗介助を学んだり。身体を動かしながら覚えていく感覚が大好きです。

資格・主な就職先
取得できる資格・免許

介護福祉士国家試験受験資格
(国家試験受験は平成30年1月から)
社会福祉士国家試験受験資格

社会福祉主事任用資格
身体障害者福祉司任用資格
知的障害者福祉司任用資格
児童福祉司任用資格 ※要実務経験
児童指導員任用資格
福祉用具専門相談員
アクティビティ・ワーカー

取得を目指す資格

福祉住環境コーディネーター

教員免許

特別支援学校教諭1種
(知的障害・肢体不自由・病弱)
高等学校教諭1種(福祉)
高等学校教諭1種(公民)
中学校教諭1種(社会)

卒業後に取得を目指せる資格

ケアマネージャー(介護支援専門員)
※介護福祉士、社会福祉士など
一定期間以上福祉業務の実務経験が必要
卒業後の主な職業・職種
介護福祉士(福祉施設、医療施設)
社会福祉士(福祉施設、医療施設)
生活相談員・生活支援員(高齢者福祉施設、障害者支援施設)
児童指導員(児童福祉施設)
医療ソーシャルワーカー(大学病院、総合病院など)
教員(中学校、高等学校、特別支援学校)
公務員(県庁、市役所、福祉事務所など)
事務職・営業職・総合職・サービス職など(一般企業、福祉関連企業など)
その他(社会福祉協議会職員、ボランティア団体職員、NPO職員など)