TOP社会福祉学部 社会福祉学科 >社会福祉専攻 生活支援コース

生活支援コース授業風景

ベッドから車いすに座っていただく支援の演習

豊かな人間性を育み
介護職のリーダーになれる人材を養成。

生活支援コースでは、学生と学生、学生と教員との関わりはもちろん、実習や学内サロン「ゆうがく広場」、ボランティア活動等で、高齢者や障がいがある人、多職種と触れ合い、人間性を磨いていきます。さらに、介護に関する判断力や他者との調整力を養うために、介護過程や介護マネジメント、生活支援技術、ソーシャルワーク演習など、幅広く多彩な科目を用意。介護職のリーダーとなる人材を養成していきます。


在学中にアクティビティ・ワーカー取得可能!

アクティビティ・サービスは、福祉サービスを利用する方たちの心身と生活の活性化を目指して行われる生活支援サービスです。その人らしい生活の生き方や過ごし方、自己実現に向けた支援を担います。そのため、対人援助の基本や、文化・歴史の理解、具体的なサービスの提供を学びます。実習では、プログラムを立案し実践を通して学びを深めます。本学で世代間交流事業として行われている「ゆうがく広場」においても、アクティビティ・ワーカーとして力を発揮することができます。


介護福祉士実務者学校(実務者研修)

実務者研修は、介護現場で働いている方たちが介護福祉士の国家試験を受験するための必修研修となります。研修は通信課程で行います。レポートはe-ラーニングで、スクーリングは7日間です。6か月で修了し国家試験へのサポートで100%合格を目指します。
>詳しくはこちら

STUDENT'S VOICE

生徒の声

社会福祉の視点も身につけながら
介護を学べるメリットは大きい。

武田 絵里奈
社会福祉学科 介護福祉コース
(現:生活支援コース)
(富山県・南砺福野高校出身)

特別支援学校の教師になることが夢。生活支援技術も学びながら教職を目指しています。授業はどれも手厚く、先生との距離が近いことがいいですね。特に実技は教室に複数の先生がいてアドバイスをくださり、分からないことはすぐに質問できる環境です。それに加え、社会福祉という広い視野で考える力をつけられるのが金城大学で学ぶメリット。いろんな視点から、子どもや家族をサポートできる教師になれたらと思っています。

資格・主な就職先

取得できる主な資格・免許

  • 介護福祉士 国家試験受験資格
  • 社会福祉士 国家試験受験資格
  • 特別支援学校教諭1種(知的障害・肢体不自由・病弱)※
  • 高等学校教諭1種(公民)※
  • 高等学校教諭1種(福祉)※
  • 中学校教諭1種(社会)※ など
  • ※教職課程再課程認定申請中(教職課程再課程認定申請中(ただし、文部科学省における審査の結果、予定している教職課程の開設時期が変更となる可能性があります。)

卒業後の主な活躍の場

  • 高齢者福祉施設
  • 障害者福祉施設
  • 児童福祉施設
  • 医療施設
  • 一般企業 など