TOP社会福祉学部 社会福祉学科 >こども福祉学科

こども専攻授業風景

授業でしゃぼん玉遊びの様子

「実践的学び」と「福祉の学び」で
保育のエキスパートへ

子ども福祉学科では、「理論→実践→理論」の学びを重視しています。自分自身の身体で子どもの心を感じ取れてこそ、理論を理解でき、実践に活かすことができるからです。また、子ども福祉学科では子どもと共に保育を学ぶ環境を大切にし、実習の他にも附属幼稚園や姉妹法人の認定こども園との活動、地域の子育て支援事業への参加など多くの機会を通して、子どもと関わる力を養い、子ども理解を深めます。さらに、社会福祉の幅広い専門的な学びは、家庭・地域・保育現場との繋がりを視野に入れた子ども理解や家庭支援についてより広く深く理解する力を養います。社会福祉を土台とした学びが、これからの保育者に必要とされる総合力を培い、子どもに関する様々な分野で活躍するエキスパートを育てます。


活躍の幅が広がるトリプルライセンス!

保育士、幼稚園教諭一種免許状、社会福祉士国家試験受験資格のトリプルライセンス取得が可能です。


STUDENT'S VOICE

生徒の声

子どもの家族支援もしたいから
社会福祉を学べる環境が嬉しい。

荒井 桃子
こども専攻(現:子ども福祉学科)
(石川県・金沢伏見高校出身)

子どもの力を引き出すためには、学生自身が自分で考える力を持つことが大切。それをあらゆる授業で感じます。特に、演習など実技をともなう場面で質問をすると、先生は現場経験などを交えて「あなたならどうする?」と考えることを促してくれるんです。考える幅を広げるには、保育士、幼稚園教諭に加えて社会福祉士の勉強ができる環境は最適です。社会福祉の知識を持ち、ご家族の相談にも乗れる保育士を目指します!

資格・主な就職先

取得できる主な資格・免許

  • 保育士
  • 幼稚園教諭1種
  • 社会福祉士 国家試験受験資格
  • 社会福祉主事任用資格
  • 児童福祉司任用資格(要実務経験)
  • 児童指導員任用資格 など
  • ※教職課程再課程認定申請中(ただし、文部科学省における審査の結果、予定している教職課程の開設時期が変更となる可能性があります。)

卒業後の主な活躍の場

  • 保育所
  • 幼稚園
  • 認定こども園
  • 児童福祉施設
  • 福祉施設
  • 医療施設
  • 高齢者福祉施設
  • 障害者福祉施設
  • 一般企業 など