TOP社会福祉学部 社会福祉学科 >こども専攻

こども専攻授業風景

身近な素材の特性を生かした遊びを通して、人と関わる楽しさや大切さを体感している様子。

社会福祉学部で学び
幅広い知識を身につけた保育者に

子どもは、社会の中で育っていきます。生活が多様化する中で、子どもの置かれている状況をより広く深く理解できる人材が、これからの保育の現場ではさらに重要になっていくでしょう。本学科は、保育(養護+教育)、発達支援などはもちろん、社会福祉分野も学び、家庭や地域と保育現場が協力しあうために必要なスキルを身につけられる場。保育所や幼稚園をはじめ、子どもに関するさまざまな分野で活躍するエキスパートを目指します。


子どもと向き合い
子どもの力を引き出す保育を

人間形成の基盤がつくられる、大切な時期に関わる仕事には、豊かな人間性や感性は欠かせません。まずは自分自身の身体で子どもの心を感じとり、理論を学び、実践に生かしていく。本学科では、「実践→理論→実践」の繰り返しにより、日々変化する子どもと向き合う力をつけます。暮らしの中にあるものを用いて遊ぶなど、自由な発想で、子どもたちの「生きる力」を引き出す保育を学び、学生自身の想像力と独創性も育む4年間です。


幼稚園、保育所、認定こども園と連携し
日々子どもと身近に接する学び

「実践→理論→実践」の学びにおいて、実習や演習は大切な体験です。子ども福祉学科では、附属幼稚園や姉妹法人の認定こども園と密接に連携しながら、子どもたちと日常的にふれあい、学びを進めます。さらに、保育だけでなく児童養護施設など社会福祉施設での実習も体験。広く子どもや福祉についての理解を深めていきます。地域社会の中での保育のあり方を知り、福祉と保育のつながりを感じながら、深く幅広く子どもを学んでいきます。


活躍の幅が広がるトリプルライセンス!

保育士、幼稚園教諭一種免許状、社会福祉士国家試験受験資格のトリプルライセンス取得が可能です。


STUDENT'S VOICE

新田 華奈

子どもを取り巻く環境も視野に入れ
保育の専門分野を深めながら
社会福祉まで幅広く学んでいます。

新田 華奈
社会福祉学科 こども専攻※
(石川県・金沢西高等学校出身)
※2018年4月から「子ども福祉学科」

子どもに関わる仕事に就きたくて、高校生の頃から金城大学を目指していました。4年間かけてしっかり学びたかったし、社会福祉の勉強もできるからです。保育は、子どものことだけを見ていればいいのではなくて、ご家族の相談にも応えていくのがとても重要だと思っています。子どもの専門分野だけでなく、ソーシャルワーク演習など、社会福祉専攻の講義でも親子支援の事例を検討したり、幅広く学べるのがうれしいですね。体育の授業などで附属西南幼稚園の子どもと触れ合える機会が多く、そこから学ぶこともたくさんあります。夢に着実に近づいていると感じています。

資格・主な就職先
取得できる資格・免許

保育士
幼稚園教諭1種
社会福祉士 国家試験受験資格

社会福祉主事任用資格
児童福祉司任用資格 ※要実務経験
児童指導員任用資格

取得を目指す資格

介護職員初任者研修
福祉住環境コーディネーター

卒業後に取得を目指せる資格

ケアマネージャー(介護支援専門員)
※社会福祉士など一定期間以上
 福祉業務の実務経験が必要
卒業後の主な職業・職種
保育士(保育所、児童福祉施設)
幼稚園教諭(幼稚園)
保育教諭(認定こども園など)
児童指導員(児童福祉施設)
社会福祉士(福祉施設、医療施設)
生活相談員・生活支援員(高齢者福祉施設、障害者支援施設)
公務員(県庁、市役所、福祉事務所など)
事務職・営業職・総合職・サービス職など(一般企業、福祉関連企業など)
その他(社会福祉協議会職員、ボランティア団体職員、NPO職員など)