TOP社会福祉学部 社会福祉学科 >こども専攻

こども専攻授業風景

こどもと向き合い、こどもの力を引き出す保育を

こども専攻の学びは、「実践→理論→実践」。まず自分自身の体でこどもの心を感じとり、次に理論を学び、その理論を実践に活かすことを繰り返します。そうした学びの中から、頭で考えて答えを出すのではなく、日々変化するこどもたちの毎日と向き合う力をつけていきます。既製の道具ではなく、日常生活の中にあるもので遊ぶといった、「生きる力」を引き出す保育を身につけ、学生自身の想像力と独創性も育む4年間です。

幼稚園、保育所と密接に連携し、日々こどもと身近に接する学び

「実践→理論→実践」の学びの上で、実習は大切な体験です。こども専攻では、併設する幼稚園、姉妹法人の保育所との密接な連携をもとに、生の現場でこどもたちと日常的にふれあいながら学びを進めていきます。また、保育だけでなく児童養護施設などの社会福祉施設での実習も体験。地域社会の中での保育のあり方を知り、福祉と保育のつながりを感じながら、深く幅広くこどもを学んでいきます。

社会福祉学部の学びで、保護者支援を自分の強みに

こどもやこどもの生活を考えるとき、欠かせないのが保護者や地域社会とのつながりです。家庭と保育現場が協力しあってこどもと関わるだけでなく、こどもの発達や生活環境に応じて必要な場合には、自治体や専門家につなげるといった保護者支援も重要な仕事です。金城大学のこども専攻の特徴は、社会福祉学部で学ぶということ。学びを深める多彩な科目だけでなく、社会福祉士国家資格の取得にも対応し、保護者を支援するための知識やスキルも身につけます。


こどもと本気で向き合うなら、知っておきたい社会福祉。

図:こどもと社会福祉 家庭にも地域社会にも、老若男女はもちろんのこと、健常者もいれば心身に障がいがある人も生活しています。こどもの成長に関わる保育者は、常にそのことを念頭に置かなければなりません。相手の発信をいかにして受けとめるか、声なき声をどのようにキャッチすれば良いか、また、自己表現とはいかにすべきか、といった視点を社会福祉の学びから理解し、実現できる人を目指してください。


  • 資格・主な就職先
卒業後の主な職業・職種
取得できる資格・免許
保育士
幼稚園教諭1種
社会福祉士 国家試験受験資格
社会福祉主事任用資格
児童福祉司任用資格 ※要実務経験
児童指導員任用資格
取得を目指す資格
介護職員初任者研修
福祉住環境コーディネーター
卒業後に取得を目指せる資格
ケアマネージャー(介護支援専門員)
※社会福祉士など一定期間以上
福祉業務の実務経験が必要
保育士(保育所、児童福祉施設)
幼稚園教諭(幼稚園)
児童指導員(児童福祉施設)
社会福祉士(福祉施設、医療施設)
生活相談員・生活支援員
(高齢者福祉施設、障害者支援施設)
公務員(県庁、市役所、福祉事務所など)
事務職・営業職・総合職・サービス職など
(一般企業、福祉関連企業など)
その他
(社会福祉協議会職員、ボランティア団体職員、NPO職員など)
Pick Up
幼児教育実習指導

金城 智代 講師

金城 智代講師
社会福祉学部
専門 : 保育学、幼児教育学

乳幼児期のこどもたちがどのように人と関係を築き、コミュニケーション力を培っていくかを学びます。こどもたちは遊びを通して学ぶので、学生も実際に心と身体を使いながら人間関係の変化を考える授業。友だちの優しさに気づいたり、無意識に気を遣っていたり、そうした自分たちの関係に気づくことで、こどもたちの成長を体感するのが狙いです。保育は人が相手。だから答えはありません。「答えがないからおもしろい」と言う高井さんのように、そこから広がる可能性をすべての学生に楽しんでほしいと思っています。

高井 麻由果

高井 麻由果
社会福祉学科 こども専攻
(福井県・福井工業大学附属福井高校出身)

自分がこどもに戻って遊ぶ中で、何が楽しいかこども目線でわかるし、何に注意すればいいか保育士目線でもわかる。友だちもみんな考え方が違って、いろんな意見を吸収できます。大学に入るまでは、こどもがダメなことをしたら注意するものと思っていたけど、そうではなくて、なぜそうしたのかまず気持ちを受けとめて共感することが大事。その後で、こちらの思いを伝えればいいんですね。こどもに対してこういうときはこうすればいい、という正解はなくて、そこが難しいけどおもしろい。もっと学びたいです。