杉山 正樹

杉山 正樹
(すぎやま まさき)

職位 教授
学位 修士(社会学)

メッセージ
人の社会生活を支える社会福祉の専門的援助の一つがソーシャルワークです。
社会福祉学部での学びの中で、学生の皆さん一人ひとりがソーシャルワーク・マインド(ソーシャルワーク的なものの見方、考え方)を育んでほしいと思います。
もちろんソーシャルワーカー志望の学生には、実践家としての土台を築くお手伝いをします。


学歴 出身大学
早稲田大学教育学部
日本社会事業学校研究科

出身大学院
東洋大学大学院社会学研究科福祉社会システム専攻
資格 社会福祉士
職歴 静岡県、神奈川県の病院、老人保健施設で13年間医療ソーシャルワーカーとして勤務。
東部福祉情報専門学校介護福祉学科・教務主任
専門分野 社会福祉教育論、社会福祉専門職論
研究テーマ わが国の社会事業教育の歴史的研究
主な著書・論文 三好豊太郎の社会事業教育論、『金城大学紀要』第8号、209-224 (2008)

海野幸徳の社会事業教育論、『金城大学紀要』第7号、203-222 (2007)

占領期の社会事業教育改革における「基礎八科目」の導入について、『金城大学紀要』第6号、99-113 (2006)

占領期の社会事業教育改革とルル・ホームズ、『金城大学紀要』第5号、119-137 (2005)

福祉マンパワー政策と社会福祉専門職養成、『福祉政策論』(医歯薬出版)第14章、265-280 (2003)
所属学会 日本社会福祉学会、日本社会福祉教育学会、日本ソーシャルワーク学会、日本ケアマネジメント学会
主な担当授業科目 ソーシャルワーク論Ⅰ・Ⅱ
ソーシャルワーク演習Ⅰ・Ⅳ・Ⅴ
ソーシャルワーク実習指導Ⅰ・Ⅱ・Ⅲ
基礎ゼミⅠ・Ⅱ、卒業研究ゼミⅠ・Ⅱ
主な社会活動 加賀市福祉有償運送運営協議会委員
野々市市障害者自立支援協議会委員
他教職員から見た
杉山教授
本学開学以来、社会福祉教育の要である先生のおひとりで、自他ともに人や人生と真摯に向き合う誠実な先生です。
これまで培われたソーシャルワーク実践と先生のお人柄が学生や同僚に対してにじみ出ています。
学究面では、「知」に対する探究心と深い洞察力をあわせ持ち、常に情報収集を怠らず得た情報を批判的に検証しながら「知」を獲得する方法を模索するアカデミックな先生です。