高校生の方へ

学生座談会(チーム医療・多職種連携)

多職種チームを意識した学びで
医療と福祉のプロフェッショナルを目指す。

学生紹介

それぞれに人を支える専門職を目指して

佐藤/私は子どもの頃から看護師に憧れていて、地元ということもあって、公立松任石川中央病院とも連携している金城大学に。みんなはどうして金城大学を選んだの?

津田/社会福祉士になりたくて、オープンキャンパスに来た時に、ボランティア活動も盛んって聞いたので。

二谷/理学療法士になりたいと思っていて、オープンキャンパスに来たら、すごく熱心な先生に出会って。実際入ってみてとてもよかったです。

中西/自分は何か人に関わる仕事がしたかったのと、親がケアマネジャーをしているのもあって、自然とこの道を選んだけど、県内で作業療法学科といえば、金城大学ということで。

北島/私も、子どもが好きで保育士になりたいなと思ったら、自然と金城大学を選んでました。 あと、社会福祉士の資格も取りたかったので。

多職種が協力しあう将来の姿をイメージできる

北島/この大学は、医療福祉のいろんな職種を目指す人たちに会えるから、他の職種のことを知っているだけで、将来役に立ちそうっていうのもありました。保育士も、看護師や地域の福祉系の職種と連携していくのが大事だから。

津田/そうだよね。現場に出た時に、金城大学で知っていた職種なら、どんなことを協力できるのか、イメージしやすいと思う。授業でも、いろんな職種の人が連携して、一人の患者さんや利用者さんに関わることが大事ってすごく教えてもらっています。

中西/実習に行った時にそれを感じました。作業療法って、患者さんの普段の様子を知っておくことが必要で、看護師さんだったり、介護職の人からも情報収集して、計画を立てるんです。トイレまでどうやって行っているか、食事はどうしているか、とか。

二谷/理学療法もそう。あとは退院支援をする時も、患者さんの自宅まで行って、どんな段差があるのか、どんな動作ができれば退院できるか調べるんですが、その時には医療ソーシャルワーカーさんが、地域で介護や訪問看護をしている人と調整してくれることがあります。

佐藤/病院では、看護師は患者さんに接している時間が長いので、他の職種に情報をもらって看護に役立てるのと、普段の様子などの情報を提供する存在として大きいということを勉強しました。

津田/大学生活の中で、他の職種を目指す人ともっと話をしていきたいな。

中西/自分たちだけでは絶対に見える範囲は限られてくるから、これだけたくさんの職種を目指す人が揃っている大学時代に、友達になっていろいろ聞けたらいいよね。

患者さん、利用者さんを中心としたチームの一員に

佐藤/チーム医療・介護って、こういうところからもう始まってるんですよね、きっと。私は将来、急性期や救急の分野でも、ちゃんとチームの一員として活躍できる看護師を目指しています。患者さんはもちろん、いろんな職種からも、信頼される看護師になりたいです。

津田/信頼してもらえるって、すごく大事ですよね。私も同じように思っていて。聴く力のあるソーシャルワーカーになりたい。どんな障がいや病気があっても、それまで生きてきた人生があって、こうしたいという思いがあるはず。それをちゃんと引き出せるように。

二谷/私も同じです。患者さんが本当にそうしたいと思っているのか、見分けられるようになって、その人らしさを最後まで守っていくお手伝いができる、理学療法士になりたいと思っています。そのためにはやっぱりチームワークも大事かなと思います。

中西/今僕らは、学生で、最新の知識や技術を学んでいるわけだから、社会に出た時に、学んで来たことをきちんと治療やチームワークに活かせるようになりたいと思っています。他の職種や先輩たちに遠慮して言わないということがないように。

北島/そうですよね。遠慮してたらいいチームはできないですよね。私は4年間保育をしっかり学んで、社会福祉も学べる環境にいるから、 福祉の視点を大事にした保育士を目指します。家族支援にも力を入れて、地域に子育てと家族支援のチームをつくるイメージかな。

津田/相手が高齢者でも子どもでも、その人の尊厳を大事に、チームになって支援していくところが共通しているなって、みんなの話を聞いていて思いました。

中西/地域で活躍している先輩たちもたくさんいるから、きっと、卒業後も連携しやすかったりするのかなと思います。金城大学で学んでいるメリットを、最大限に活かしていきたいですね。

学生話し合い1 学生話し合い2 学生話し合い3

学外実習

社会福祉学科

子ども福祉学科

理学療法学科

作業療法学科

看護学科