金城大学 KINJO UNIVERSITY

台北市立大学(University of Taipei)と教育学術交流協定を締結しました

2015.10.15 大学

 151015tw0

(左から)坂口憲政特任教授、加藤真一理事長、台北市立大学・載遐齢学長、鄭芳梵副学長 2015年8月8日

taiwan13

金城大学と台北市立大学との教育学術交流に関する協定

 金城大学と台湾の台北市立大学は2015年8月8日付で教育学術交流に関する協定を結びました。
 きっかけは、本学坂口憲政特任教授が2006~12年に台湾代表女子バレーボールの監督を務めた縁で、2014年2月に本学加藤真一理事長が台北市立大学を訪問したことからです。2015年3月には本学学生が海外研修の中で台北市立大学を訪れ、学生同士の交流を行いました。その後、2015年5月に再び本学加藤理事長が台北市立大学を訪問し、協定締結の運びとなりました。
 協定では「教育・研究活動、及び必要な情報や資料の交換」「教職員及び学生の交流」「その他、将来において合意されうる教育、学術交流の交流活動」について合意し、今後は両大学で連携しながらグローバル教育の推進を図っていきます。

taiwan12

台北市立大学の概要

  1. 2013年8月1日、台北市立教育大学と台北市立体育学院が合併し台北市立大学となった。台北市立教育大学は前身である「国語学堂」として1895年に開校、台北市立体育学院は当初専門学校として1968年に開校した。
  2. 教育学部、人文芸術学部、理学部、体育学部、市政管理学部の5学部27学科があり、市政管理学部を除く4学部にはそれぞれ大学院(修士課程)がある。
  3. 在籍学生数は約7,800人、教職員数は約500人。
  4. キャンパスは博愛キャンパス(旧教育大学)と天母キャンパス(旧体育学院)の2つのキャンパスを有する。