「第5回千代女プロジェクションマッピングin聖興寺」と「ふたつの風コンサート」

2020.11.15 美術学科

11月14日 15時から松任の聖興寺にて
「第5回千代女プロジェクションマッピングin聖興寺」と「ふたつの風コンサート」
が開催されました。

この企画は、白山ロータリークラブと本学美術学科の共同プロジェクトで
松任を代表する歌人「千代女」と白山市をキーワードに新しい地域文化を

創造するプロジェクトです。

同時開催の「ふたつの風コンサート」は
能美市出身のギタリスト、加々美 淳さんと
白山市在住のシンガー、大黒 友理さんによる

サンバなどのブラジル音楽の演奏会です。

ゲーム・映像コースの学生が千代女を題材とした約10分間の映像を作成し、
本堂内でお二人の演奏に合わせてプロジェクションマッピング上映しました。

また、本堂の脇では美術学科の他のコースが千代女をテーマに制作した

作品も飾られ、来場者を楽しませていました。