カリキュラム

<作業療法学科>


カリキュラム

学習方法についての基本的な指導をはじめ、作業療法士に欠かせない生物などの自然科学系科目の学習
ボランティア活動の単位化など、多角的な学習支援体制で、医療人としての資質と自覚を育成する4年間です。

科目 1年次 2年次
基  礎  科  目
  • スポーツ
  • レクリエーション活動Ⅰ・Ⅱ
  • 英語Ⅰ・Ⅱ・Ⅲ・Ⅳ
  • 情報処理演習Ⅰ・Ⅱ
  • 基礎演習Ⅰ・Ⅱ
  • スポーツ理論
  • 言葉と文化(英語)Ⅰ・Ⅱ
  • 言葉と文化(中国語)Ⅰ・Ⅱ
主  題  科  目
  • ボランティア入門
  • ボランティア活動Ⅰ
  • 自然科学Ⅰ(生物系)
  • 自然科学Ⅱ(物理系)
  • 自然科学Ⅲ(数学系)
  • 自然科学Ⅳ(化学系)
  • 自然科学概論
  • 高齢者福祉論
  • 障害者福祉論
  •  
  • 美術
  • 日本史Ⅰ・Ⅱ
  • 心理学Ⅰ・Ⅱ
  • 健康科学
  • 生命と医療の倫理
  • ボランティア活動Ⅱ
  • 社会学
  • 法学(憲法)Ⅰ
  • 法学Ⅱ
  • 日本文学Ⅰ・Ⅱ
専門基本科目
  • 解剖学Ⅰ・Ⅱ・Ⅲ
  • 解剖学実習
  • 生理学Ⅰ・Ⅱ
  • 生理学実習
  • 医学概論
  • 安全管理
  • 感染防御
  • 公衆衛生学
  • リハビリテーション医学
  • リハビリテーション概論
  • 社会福祉概論Ⅰ・Ⅱ
  • 解剖学Ⅳ
  • 運動学Ⅰ・Ⅱ
  • 運動学実習
  • 人間発達学
  • 病理学
  • 臨床心理学Ⅰ・Ⅱ
  • 精神医学
  • 内科学Ⅰ・Ⅱ
  • 整形外科学Ⅰ・Ⅱ
  • 神経内科学Ⅰ・Ⅱ
  • 小児科学
  • 老年学
専門展開科目
  • 作業療法学概論
  • 作業療法評価概論
  • 見学実習
  • 地域支援実習
  • 基礎作業療法学
  • 検査・測定論Ⅰ・Ⅱ
  • 検査・測定実習Ⅰ・Ⅱ
  • 作業療法治療学Ⅰ(身体)
  • 作業療法治療学Ⅱ(整形系)
  • 作業療法治療学Ⅲ(中枢)(1)
  • 作業療法治療学Ⅳ(精神障害)
  • 作業療法治療学実習Ⅰ(身体)
  • 日常生活活動学
  • 日常生活活動実習
  • 基礎実習Ⅰ・Ⅲ(学外)
  • 客観的臨床能力評価
科目 3年次 4年次
基  礎  科  目
  • 医学英語
 
主  題  科  目
  • 統計学
  • 人文地理
  • ソーシャルワーク論Ⅰ
  • 介護福祉論Ⅰ
  • 医療関係法
  • 東洋史
  • ソーシャルワーク論Ⅱ
  • 介護福祉論Ⅱ
専門基本科目
  • カウンセリング演習
  • 高齢者の心理
  • 障害者の心理
  • ケアマネージメント
専門展開科目
  • 作業療法教育管理学
  • 作業療法研究法
  • 病態運動学
  • 作業療法治療学Ⅴ(内部障害)
  • 作業療法治療学Ⅵ(老年期)(2)
  • 作業療法治療学Ⅶ(高次脳機能)
  • 作業療法治療学Ⅷ(発達障害)(3)
  • 作業療法治療学実習Ⅱ(中枢)
  • 作業療法治療学実習Ⅲ(精神障害)
  • 義肢装具学 義肢装具実習
  • スポーツリハビリテーション
  • 作業学Ⅰ・Ⅱ
  • 地域リハビリテーション
  • 生活環境学
  • リハビリテーション関連機器
  • 地域福祉論
  • 臨床評価実習
  • 基礎実習Ⅱ
  • 客観的臨床能力評価
  • 基礎ゼミⅠ・Ⅱ
  • 卒業研究ゼミⅠ
  • 卒業論文
  • 臨床実習Ⅰ・Ⅱ
  • 客観的臨床能力評価
  • 卒業研究ゼミⅡ
  • 卒業論文
  • 総合学習

●卒業要件=合計127単位以上

履修系統図

履修系統図は、学生が身につけるべき知識・能力と授業科目との間の対応関係を示しています。
» 履修系統図

主な科目紹介

  • (1) 作業療法治療学Ⅲ(中枢)

    脊髄損傷(頸髄損傷含む)、および末梢神経損傷を発症する原因、そして、これらの疾患の病態と障がい像を学習します。また、これらの疾患に対して作業療法士が行う身体の評価方法や治療・援助方法について学習します。

    作業療法治療学Ⅲ(中枢)
  • (2) 作業療法治療学Ⅵ(老年期)

    超高齢化など社会的背景を学びながら、老年期における身体面・精神面の特性や、認知症など老年期特有の障がいについて学習します。また、それらに対する作業療法評価、介入方法、社会資源や制度について知識を深めます。

    作業療法治療学Ⅳ(精神障害)
  • (3) 作業療法治療学Ⅷ(発達)

    出生から成長期にわたる、子どもの病気(自閉症スペクトラム症、注意欠如多動性障がい、脳性麻痺など)の症状と、対象児の家庭環境・教育環境・社会生活環境を含めた評価と治療的介入を学習します。

    作業療法治療学Ⅷ(発達障害)