高校生の方へ

KINJO VOICE

KINJO VOICEイメージ

社会福祉学部

  • 生徒イメージ

    福祉に関わる仕事は多種多様、
    私が目指すのはソーシャルワーカー

    社会福祉学部・社会福祉学科
    社会福祉コース 4年

    山崎 夏月さん

    富山県・八尾高校出身

    Q.金城大学 社会福祉学科 社会福祉コースに入学したきっかけは?
    福祉の道で自分の知識や技術を多くの人に役立てたい

    福祉を学べる専門学校や大学はいろいろありますが、私が金城大学を選んだポイントは、福祉分野の各種コースが充実し、国家試験の受験資格が取れること、そして就職率が高いことです。
    私の祖母は事故で片目を失明して視覚障害があります。そんな祖母を手助けしたいと思い、福祉の分野に興味を持ちました。私が通っていた高校には福祉コースがあり、2年生から選択するつもりでしたが、先生から「福祉の勉強は大学からでも遅くないから、今は普通科を選んでは」とすすめられました。
    当時は早く福祉の勉強を始めたいと思いましたが、金城大学で4年間しっかりと学ぶ選択をしてよかったです。

    Q.どんなことを学んでいるの?
    選べる3コースから社会福祉コースを選択
    ソーシャルワーカーを目指して勉強中

    社会福祉学科には「社会福祉コース」「生活支援コース」「医療情報コース」の三つのコースがあり、入学後のオリエンテーションで詳しい説明を聞いてからコースを選択できます。
    私が学ぶ社会福祉コースは、社会福祉士を目指すコースです。社会福祉士はソーシャルワーカーともいい、医療・福祉・教育・行政機関などの現場で、日常生活を営むことに問題がある人からの相談に助言や指導、援助を行う国家資格が必要な専門職です。
    私は人と話すことや、コミュニケーションをとることが好きなので、相談職である社会福祉士を選びました。
    入学前は福祉の仕事というぼんやりしたイメージしかなかった私も、今は高齢者施設か障害者施設でソーシャルワーカーとして働くという明確な目標を持っています。家族・病院・役所などの情報を収集・分析して、利用者さんに最適なサービスを提供する。自分の知識や情報・技術を活かせることに魅力を感じています。

    Q.ある日のスケジュール
    授業の知識と実習の経験が結びつき、さらに学びを深めることができます

    3年次:介護初任者研修中の一日|
    夏休みに受講した介護初任者研修は、午前・午後に学んだ内容の試験もありました。

    スケージュール

    1年次は基礎知識を学び、2年次から専門知識を身につけます。実習が充実していることが特徴で、生活支援コースは2年次から、その他のコースも3年次から学外実習が始まります。
    私も3年の夏休みに5日間の学外実習を予定していましたが、2020年は新型コロナウイルスの感染予防で病院・施設での実習は中止になり、学内での実技実習に変更になりました。現場で実習できず残念でしたが、気持ちを切り替えて励みました。
    夏休み中に受講した介護初任者研修も印象的でした。朝から夕方まで16日間かけて行う集中講座で、社会福祉コースの学生も身体介護の仕事に必須の資格が取得できます。
    ベッドから患者さんを起こして車椅子に移乗したり、車椅子の押し方、衣服の着脱、お風呂の入浴介助などを体験しました。講義で学んだ知識を実体験できたことで、さらに理解が深まり、高齢者施設に就職したときにしっかりと活かせそうです。

    懇親会イメージ

    リモート授業で顔を合わせる機会が減っていたゼミの仲間と懇親会を兼ねて海へお出かけ。

    Q.大学生活の思い出エピソードはありますか?
    教室では得られない学びがあった災害ボランティアでの体験

    私は知的障害がある方たちと一緒に外出したりイベントに参加するサークルや、ボランティア活動にも参加しています。
    2019年11月には、豪雨で被災した長野県へ大学が用意してくれたバスで向かい、家の中に流れ込んだ土砂の撤去作業を行いました。自分にも何かできることがあればと思い、災害ボランティアに志願しました。「若い学生さんが来てくれて嬉しい」と喜んでくださって、金城大学では相手の立場になって考える、気持ちに寄り添うことを大切にしていますが、そのことを実感する経験でした。

    ボランティア活動イメージ

    大学の災害ボランティア活動に参加して、2019年に台風で豪雨被害を受けた長野へ。

  • 生徒イメージ

    介護福祉士と社会福祉士のダブルライセンスを取得し
    将来は利用者さんに寄り添い、笑顔をつくれる介護士に!

    社会福祉学部・社会福祉学科
    生活支援コース 4年

    坂口 大騎さん

    石川県・金沢高校出身

    Q.金城大学 社会福祉学科 生活支援コースに入学したきっかけは?
    将来をイメージできずにいた僕も明確な目標を見つけられた大学

    僕は高校を卒業した後の自分の将来像が具体的にイメージできず、大学へ進学するか、就職するかも迷っていました。そんなとき、別の高校へ通う幼馴染が、金城大学への進学を考えていると聞きました。彼は遊学館高校の金城大学コースで学んでいて、将来は保育士を目指すつもりでいましたが、金城大学の社会福祉学科にも興味を持っていました。彼から話を聞き、自分でもいろいろ調べていくと、社会福祉のなかでも介護の仕事に興味を持ちました。僕の一番の相談相手は子どもの頃から可愛がってくれている祖父です。その祖父に進路について相談すると、介護の仕事と僕の性格は相性が良いと応援してくれて、とても励みになりました。金城大学は、国家試験の合格率が高く、また就職率も高いので自分の将来像が描きやすいと思い進学を決めました。

    Q.どんなことを学んでいるの?
    ダブルライセンスを目指すことで視野が広がり、精神的にも成長

    僕が学ぶ生活支援コースは、介護福祉士の国家資格の取得を目指すコースです。また、挑戦したい人は社会福祉士の国家資格も目指すことができ、僕もダブルライセンスの取得を目標に1年次から励んでいます。大学では1年次から学内で座学と実技の両方を学びますが、2年次からは学外実習が始まります。実習先は大学と提携している介護施設や老人ホームの中から、行きたい施設の希望を出せます。僕は特別養護老人ホームで3回の学外実習を経験しましたが、それぞれ施設のスタイル、規模、働いている職員の人数、利用者さんのタイプなども違っていました。僕はこの実習経験から、特別養護老人ホームの職員の人間関係や働きやすい職場環境づくりについて卒業論文のテーマに取り上げて研究を始めています。
    介護の実習だけでも2年次から4年次にかけて合計4回あり、同時に社会福祉士の資格も目指す場合はソーシャルワーカー実習もあるので、ダブルライセンスを目指すのは結構大変ですが、社会福祉の勉強もしたことで視野が広がり、意識も変わってきたと感じています。ソーシャルワーカーの仕事にも興味を持つようになりましたし、介護の仕事に就いても社会福祉士の学びを活かしたいと思っています。

    Q.ある日のスケジュール
    学外実習での学び、出会いは、きっと将来の財産に!

    3年次:介護実習中の一日|
    おじいちゃん子だったので自習先でお年寄りの方と楽しく接することができました。

    スケージュール

    3年次の介護実習Ⅲの学外実習は20日間あり、初めて自分でケアプランを立て、それを実施して結果を見るまでを一貫して経験できました。僕が担当させていただいたのは、足が不自由な方で、以前のように歩けるようになりたいという意欲を持っている方でした。僕はその方が歩けるようになるお手伝いがしたいと思い、歩行器を使った歩行訓練をケアプランに取り入れました。
    また、会話の中でガーデニングを趣味にされていたと聞き、施設でガーデニングをするのは難しいけれど、プランターを使って植物を育ててよいかを施設に確認し、その利用者さんと一緒に花の種をまいて毎日水やりをしました。利用者さんがとても楽しそうにされていたのが印象的で、施設での生活はさまざまな制限がありますが、実現可能な範囲で利用者さんの要望に応え、楽しみを見つけてあげることに喜びを感じました。学外実習を通して自分が人と関わること、人の話を聞くことが得意だということにも気づくことができました。
    実習後に、大学でパワーポイントを使ってケーススタディーの発表会を行ったのですが、自分の実習を振り返る良い機会になったとともに、コースの仲間がどんな体験をしたのかを知ることもでき、仲間や先生と意見を交換することで、さらに学びが深まったと思います。

    Q.大学生活の思い出エピソードはありますか?
    学びたい気持ちを刺激し、応えてくれる充実したカリキュラムと環境が魅力です

    介護福祉士と社会福祉士のダブルライセンスは就職にも有利で、職種の選択肢も増えますが、僕は人生において大切な学びを得たと感じています。目標を見つけられずにいた僕も、今ではエンジンがかかって学ぶ意欲でいっぱいです。ソーシャルワークの学外実習も1回だけ現場を経験できる予定でしたが、2020年はコロナウイルスの影響で学内実習に変わってしまい、とても残念でした。しかし、学内実習に変更になったことで、病院のソーシャルワーカーの方、市役所の生活支援課の方など、タイプの違う働き方をされている3名の講師から事例に基づいた実習を受けることができたのでよかったと思っています。金城大学は福祉や介護に興味があり、学びたいという気持ちがあれば、その熱意に応えてくれる先生や環境が揃っていて、充実した勉強ができる大学ですよ。

  • 生徒イメージ

    情報管理だけではなく、福祉や医療など
    学生の意欲に応えてくれる環境があります

    社会福祉学部・社会福祉学科
    医療情報コース 4年

    米田 有澄さん

    石川県・金沢西高校出身

    Q.金城大学 社会福祉学科 医療情報コースに入学したきっかけは?
    社会福祉も学べるのは金城大学の医療情報コースだから

    私は母が入院・通院していた病院で様々な職員の方にお世話になり、自分も病院で人の役に立てる仕事に就きたいと考えるようになりました。しかし、病院で働きたい気持ちはあるものの、看護師や理学療法士などの専門職ではなく、事務職の方が自分に向いていると考え、どんな職種があり、どこで学ぶことができるのかを調べました。
    進学先を探すなかで、金城大学の医療情報コースでは病院の事務職を目指す勉強ができることを知りました。しかも、取得できる資格が沢山あり、医学知識にも興味がある私にとってカリキュラムも魅力的でした。さらに、金城大学の医療情報コースは社会福祉学部に属しているので、医療事務だけを集中して学ぶ専門学校とは違い、必ず社会福祉についても学び、社会福祉士の国家資格の取得も目指せると分かり、金城大学への進学を決めました。

    Q.どんなことを学んでいるの?
    1年次から多くの資格取得にチャレンジ
    卒業時の診療情報管理士の資格取得を目標に

    社会福祉学科では、三つのコースがあり、入学直後のオリエンテーションで詳しい説明を聞いてから、どのコースに進むかを選択することができます。
    私が学ぶ医療情報コースでは、1、2年次に病院見学があります。私は四つの病院を見学し、普段見ることができない医事課や管理室、検査室などで働いている方から詳しく仕事内容について聞くことができました。大学に入学した当初は、小さな病院で事務職として働ければいいと思っていましたが、大学病院での学外実習を経験して、診療情報管理士の専門資格を取得して、その資格を活かせる大学病院、総合病院で働きたいと思うようになりました。

    Q.ある日のスケジュール
    先生と生徒の距離が近く、いつでもサポートしてもらえる安心感

    3年次:普段の授業の一日|
    診療情報管理士認定試験は覚えることも多く大変だったけれど、友人たちと声をかけながら猛勉強しました。

    スケージュール

    医療情報コースでは、1年次から多くの資格試験があり、試験対策の勉強がすぐに始まります。1年次から医療事務技能審査試験(メディカルクラーク)、2年次には診療報酬請求事務能力認定試験があり、在学中に次々と資格を取得することができます。
    3年次には診療情報管理士の資格試験があり、専門分野、基礎分野に分かれて集中的に対策講座が開かれます。診療情報管理士の資格は、必要な単位の取得と専門的な試験に合格する必要があり、取得が困難といわれています。医療情報コースでは、全員がこの資格を取得して卒業できるように、3年次から診療情報管理士の資格試験のための対策講座が開かれるなどサポートが充実しています。
    医療情報コースは他の二つのコースと比べて生徒数も少ないこともあり、コースの仲間同士や先生との関係がより近く感じられます。3年後期から大学に残って勉強会をしたときも、同じ目標をもつ友人たちと互いに切磋琢磨でき、1人で勉強するよりも有意義な時間となりました。また、実際に病院で診療情報管理士をしていた先生もいて、実習や試験、就職活動について何でも相談しやすく、この環境が試験に合格できた要因の一つだったと思います。2020年は新型コロナウイルスの影響で試験を受けに行けるのか不安もありましたが、長野にある診療情報管理士の受験会場までコースの皆で行くことができ、無事に試験に合格することができました。

    Q.金城大学の魅力はどんなところ?
    学外実習の経験や同じ目標をもつ友人
    多くの出会いが学ぶ意欲を刺激

    初めての学外実習が、金沢医科大学病院の見学だったことが、将来の目標設定に大きく影響したと思います。最初は病院の事務職を目標に金城大学へ入学しましたが、大学病院の実習で診療情報管理士という専門資格を活かして仕事をされている方を目の当たりにし、自分も金城大学で診療情報管理士の資格を取得して、それを活かせる大きな病院で働きたいと考えるように意識が変わりました。診療情報管理士の専門知識を必要とする病院の就職は狭き門ですが、まずは病院事務で就職しても、いずれは専門知識を活かせる仕事に就きたいと考えています。
    金城大学には学ぶ意欲を刺激してくれる出会いがたくさんあります。

  • 生徒イメージ

    保育士+幼稚園教諭+福祉の学びで、
    可能性がさらに広がります

    社会福祉学部・子ども福祉学科 3年

    東野 楓さん

    石川県・小松大谷高校出身

    Q.金城大学 子ども福祉学科に入学したきっかけは?
    大学や短大を徹底的に比較して保育士も幼稚園教諭も目指せる金城大学へ

    私は小学2、3年生の頃から「保育園の先生になる!」と家族に宣言していました。通っていた保育所に明るくて一緒にいるのが楽しい大好きな先生がいて、自分もそんな風になりたいと憧れたからです。
    高校3年間でいくつもの大学のオープンキャンパスに参加して情報を収集しました。そのなかで一番気になった金城大学へは、何度も足を運びました。
    金城大学には四年制の子ども福祉学科と、短期大学部の二年制の幼児教育学科があります。どちらも保育士と幼稚園教諭の資格・免許のダブルライセンスを目指すことができます。私はオープンキャンパスや学校案内で情報を集めるなかで、短期大学や専門学校で取得できる幼稚園教諭二種免許と、四年制大学で取得できる幼稚園教諭一種免許に違いがあることを知りました。
    より専門的な知識を時間をかけてしっかり学びたいと思い、私は金城大学で4年間学ぶことに決めました。

    Q.どんなことを学んでいるの?
    幼児教育+社会福祉の勉強で視野と可能性が広がりました

    金城大学のダブルライセンス取得とカリキュラムの充実ぶりは非常に魅力的でした。さらに、国家資格の社会福祉士の取得も目指せるため、保育士・幼稚園教諭・社会福祉士のトリプルライセンスを取得して、公務員として福祉の仕事で活躍している先輩もいらっしゃいます。
    子ども福祉学科でも、社会福祉の授業が必ずあります。私は幼い頃から保育士以外を考えていませんでしたが、実習で障害者施設を訪れたり、児童養護施設で乳児の保育を体験したことで、乳児院にも興味を持ちました。子どもたちの心のケアに携わりたいと思えたのは、幼児教育や福祉の知識が活かせるやりがいがある仕事だと感じたからです。3年次からは児童福祉を専門としている先生のゼミで、乳児院をテーマに卒業論文の研究をする予定です。

    Q.ある日のスケジュール
    夢の実現へ向けて一歩ずつ、子どもの気持ちになって考える日々

    2年次:普段の授業の一日|
    忙しさの中、目標に向かってやりがいを感じる日々を仲間たちと過ごしています。

    スケージュール

    子ども福祉学科では、3つの資格免許を取得することで、自分の進路が広がると感じています。保育と福祉の両方の科目を勉強するので、忙しいと感じることも多いですが、その分、得るものもたくさんあります。同じ目標を持つことでお互いに高め合うことができ、男子女子関係なく仲が良いです。授業の空き時間に友達とご飯を食べに行ったり遊びに行ったりしています。
    器楽(ピアノ)の授業は、個人レッスンで進められ、苦手な人や未経験の人でも一から指導していただけます。練習室が完備されていて、実習前や試験前も納得いくまで十分に練習ができています。
    乳児保育の授業では、大学附属のこども園を訪問し、0歳児の赤ちゃんクラスから5歳児クラスまで見学させていただきました。子どもたちの生活や遊びの様子を実際に見ることができ、座学で学んだことと結びつき、とてもいい勉強になりました。
    忙しい中でも、授業が早く終わる日や夏休み・冬休み期間にボランティアやアルバイトをしています。障害者施設の夏祭りのボランティアで、他大学の学生と協力し、夏祭りを盛り上げました。いろいろな人とかかわる良い経験になりました。学童保育のアルバイトでは、小学校低学年の子どもと関わるので、ここでも子どもの育ちが学べています。

    Q.大学生活の思い出エピソードはありますか?
    大学祭で巨大迷路を作って子どもたちをおもてなし

    子ども福祉学科では、大学祭で子どもたちを楽しい遊びでおもてなしするのが恒例です。私が大学1年のときは、クラスの仲間とスーパーマーケットでダンボール箱をもらってきて、何日もかけて巨大迷路を作りました。当日はたくさんの子どもたちが遊びに来てくれて、喜んでくれました。卒業してからも忘れられない思い出になりそうです。

    巨大迷路イメージ

    大学祭で作った巨大迷路は、大学生活の忘れられない思い出になりそう。

医療健康学部

  • 生徒イメージ

    本気で学びたい学生に、
    最高の環境で応えてくれる大学です

    医療健康学部・理学療法学科 4年

    新川 善臣さん

    沖縄県・知念高等学校出身

    Q.金城大学 理学療法学科に入学したきっかけは?
    身体のケアだけでなく心も元気にできる理学療法士になりたい

    理学療法士になって故郷の沖縄に戻り、地域に恩返しすることが僕の目標です。
    中学生の頃からバレーボールをやっていた僕は、何度か怪我をして理学療法士さんにリハビリテーションでお世話になりました。足首の怪我で4ヶ月もリハビリテーションに通っていた時期があり、僕は部活動に参加できない悔しさや焦りで、精神的にかなり落ち込んでいました。
    そのときに担当してくれた理学療法士の方が、技術がすばらしいだけでなく、いつも僕を元気づけてくれました。そして自分も身体だけでなく心のケアもできる理学療法士になりたいと考えるようになりました。
    理学療法士になるには、専門知識を身につけて国家試験に合格しなくてはいけません。リハビリテーションをしっかり学びたかった僕は四年制大学がある県外へ出ることにしました。
    候補はいろいろありましたが、進路指導の先生が金城大学の学校長推薦をすすめてくれました。偏差値や国家試験合格率が高い金城大学なら、一緒に学ぶ人の意識やレベルも高く、勉強する環境として良いと考えて決めました。

    Q.どんなことを学んでいるの?
    身体の仕組みやリハビリテーションの知識と実技を学んでいます

    僕が学ぶ理学療法は、病気や怪我、高齢、障がいなどで運動機能が低下した人に対し、運動や温熱・電気・水・光線を治療手段として用いて行う治療方法です。
    筋肉や神経などの医学的な勉強が僕にはとても面白く、実際に身体に触れて学ぶ授業もあります。普段は大学内で学生同士で練習しますが、提携先の病院や老人福祉施設で見学や実習を行い、実際の患者さんを担当させていただくこともあります。

    Q.ある日のスケジュール
    全国に数台の最新リハビリテーション機器やOSCEなど最高の環境に囲まれて学ぶ毎日

    3年次:普段の授業の一日|
    授業のある日の一般的なスケジュール。昼食はメニュー豊富な学食を利用しています。

    スケージュール

    僕の日常は、曜日によって多少異なりますが、朝から夕方まで授業を受けて、帰宅後も自主学習をしています。
    大学には全国に数台しかない3次元の解析装置などもあり、高度な最新機器に学生のうちから触れられます。優秀な先生が揃っているうえに、話しやすくて何でも相談できることは魅力だと思います。
    また、医療健康学部では、OSCE(オスキー)という客観的臨床能力試験を取り入れています。医学部や薬学部でも行われる医学的知識の理解を評価する学力試験です。
    学外実習を行うために充分な知識が身についているか、年次ごとの実習内容に応じてレベルアップしていきます。僕は会話が得意ではなく、患者さんを目の前にすると会話ができなくなりがちですが、OSCEのおかげで初めての実習でも患者さんとスムーズなコミュニケーションをとることができました。

    Q.金城大学の魅力はどんなところ?
    万全のサポートと豊富な提携先で臨床現場を体験できる学外実習

    医療健康学部は石川県や北陸を中心に、提携している全国各地の医療機関で実習が受けられます。遠方の場合は、大学が実習中に住むアパートも準備してくれます。
    僕は3年次に石川県の公立松任石川中央病院で、急性期の患者さんを担当するバイザー(臨床実習教育者)さんに付いて治療を見学し、自分でも患者さんの評価・治療をさせてもらいました。この実習を経験し、将来は大きな総合病院で多くの患者さん、多種多様な疾患を担当し、経験を積みながら技術を磨き続けていきたいと思っています。

  • 生徒イメージ

    私が目指している作業療法士は
    〝心と身体〞のリハビリテーション専門家

    医療健康学部・作業療法学科 4年

    菅内 咲和花さん

    石川県・金沢錦丘高校出身

    Q.金城大学 作業療法学科に入学したきっかけは?
    中学生のときに初めて知った作業療法士の仕事を将来の目標に

    私は母が医療事務の仕事をしているので、幼い頃から医療関係に関心がありましたが、作業療法士になりたいと意識したのは中学生のときの職場体験です。そのときは、医療系、保育系、一般企業、ホテルなどから職種を選択でき、医療系を選んだ私は、病院で看護師や理学療法士、作業療法士の仕事を見学し、患者さんと接する経験もしました。
    作業療法のリハビリテーションで、高齢者の方と一緒に塗り絵をしたときに、とても楽しそうにされている様子を見て、自分も将来はこうした方々をサポートできる作業療法士になりたいと思いました。目標を決めた私は、高校でも希望して医療現場の体験に参加しました。
    作業療法士の勉強は専門学校でもできますが、私はじっくり学べる四年制の金城大学を希望しました。

    Q.どんなことを学んでいるの?
    高齢者や障がいを抱える方の日常生活や生きがいを支援する心と身体のリハビリテーション

    理学療法士は、身体に障がいのある方の起き上がる、歩く、寝返るなど、基本となる身体動作の回復を図るリハビリテーションを得意とします。
    作業療法士は、身体の麻痺がある方、生活に支障がある方が、食事をする、顔を洗う、料理をする、字を書くなどの日常生活に必要な動作や適応能力の回復を図るリハビリテーションを得意とします。
    私は、お箸を持って食事ができるようになるなど、これまではできなかったことができるようになったこと、他人に迷惑をかけずにできることに喜びを感じている患者さんの様子をみて、心のケアも仕事の領域になる作業療法士の仕事にやりがいを感じています。

    Q.ある日のスケジュール
    緊張しながらワクワク学んだ、病院での臨床実習

    3年次:臨床評価実習中の一日|
    3年の臨床評価実習は、初めて患者さんを担当して評価を体験しました。

    スケージュール

    大学では座学と実技を学んでいます。医療健康学部は1年次から特別支援学校、子ども医療施設、医療機関や老人健康保健施設での見学実習がスタートします。2年次からは1週間かけた学外での臨床実習があり、臨床現場で知識と経験を深めることができ、将来自分がどういった職場で働きたいかを考えるチャンスになります。
    3年次には5週間の臨床評価実習があります。私は臨床現場の先生の作業療法を見学し、初めて患者さんを受け持って、関節や筋肉の動きの評価や、道具を使った高次脳機能障害の検査、治療用おもちゃを使って積み木を掴んで移動させることを競うリハビリテーションを体験しました。
    臨床実習では、医療健康学部で取り入れているOSCE(オスキー)という客観的臨床能力試験の勉強が、実習内容に直結していたので、とても役立ちました。

    Q.金城大学の魅力はどんなところ?
    国家試験の新卒合格率100%
    就職率100%を実現するカリキュラム

    金城大学は国家試験の合格率と就職率の高さで知られています。それを実現するカリキュラムが充実しているからなのですが、全国の医療機関や施設と提携しているので、学外での臨床実習や就職においても恵まれた環境だと思います。
    大学の先生がとてもフレンドリーで、質問しやすいことも魅力です。私のゼミの先生もとても話しやすく、コロナ禍中もリモートで指導を受けながら卒業論文の計画を立てました。卒業論文は箸の利き手交換訓練についての論文研究に取り組んでいます。

    作業療法学科イメージ

看護学科

  • 生徒イメージ

    夢は総合病院や僻地・海外の医療現場で
    患者さんに寄り添える看護師になること

    看護学部・看護学科 4年

    岡本 梨菜さん

    石川県・星稜高校出身

    Q.金城大学 看護学科に入学したきっかけは?
    幼い私を勇気づけてくれたあの看護師さんに憧れて

    私は保育園児のときに大きな怪我をして病院へ運ばれました。怖くて不安で仕方なかったときに、ずっとそばに寄り添ってくれた看護師さんの笑顔で安心でき、「看護師さんてすごい!」と憧れるようになりました。
    看護の勉強をするなら四年制大学で、じっくり深く学びたいと希望していました。他の大学や専門学校も検討していましたが、私は高校で部活動に力を入れながら大学進学を目指すスポーツコースに所属していたので、担任の先生が「金城大学の学校長推薦が受けられるよ」とすすめてくれて決めました。

    Q.どんなことを学んでいるの?
    看護師に必要なこころ・知識・技術と医療現場で真に活躍できる実践力を身につけます

    看護学部は他の学部とは別の松任キャンパスにあり、公立松任石川中央病院に隣接していて、看護教育のスペシャリストである大学の先生に加え、現役の医師や看護師による講義や指導も受けられます。
    大学の4年間で看護師として必要な知識と技術、そして実習を通して実践経験を身につけます。1年次には、看護に必要な基本的な知識、医療現場を担うチームの一員としてどう行動するべきか、現場での態度や倫理観も学びます。8月には1週間の臨地実習(学外実習)も始まり、病院で看護師に付いて仕事を見学しました。臨地実習は1回につき2週間。2年次には1回、3年次に4回、4年次は4回+統合実習があります。
    2年次は医療に関する幅広い知識と技術を学び、3年次は成人看護と高齢者看護。4年次には小児科や精神科での看護と、在宅看護や赤ちゃんや妊婦さんの看護などを実習します。タイプの違う医療機関と対象者を経験できるのは、金城大学が多くの医療機関や介護施設、助産院などと提携しているからです。

    Q.ある日のスケジュール
    コロナ禍に負けず受け入れてもらった、貴重な病院実習で背筋が伸びる思い

    3年次:看護学実習中の一日|
    実習中は考えることや調べることが多く、帰宅後は復習や記録作成も頑張りました。

    スケージュール

    2020年は新型コロナウイルスの影響で、日本中の医療現場が緊迫しているなか、私は金沢赤十字病院で実習を受けることができました。
    通常2週間の臨地実習を1週間に短縮し(その後1週間学内対応)、時期も変更、最少人数で実習するなどの工夫を行い、マスク着用と1人1個のアルコールジェルとゴーグルを携帯して感染対策を徹底しました。病院では、マスクの在庫が不足して苦労されている様子も目の当たりにしました。そんなときでも実習できることに感謝し、しっかり学ばねばと身が引き締まりました。
    また、手術の見学実習(金沢医科大学)は少人数で行われたため、患者さんや指導いただく方と接する機会が多く、様々な視点で患者さんとの向き合い方を学ぶことができ、視野が深まりました。

    Q.金城大学の魅力はどんなところ?
    隣接の公立病院と提携していること
    学部間でチーム医療も学べること

    隣接する公立松任石川中央病院と大学が提携しているので、臨地実習の前にPCR検査を受けることができたので、安心して実習に入れました。普段の授業や実習でもお世話になっていますが、私は公立松任石川中央病院の奨学金制度の支援を受けており、卒業後は就職する予定です。

    看護学科イメージ 看護学科イメージ

    看護以外にも色々な科目があり、「白山と自然の文化」という授業では、他の学部の学生と一緒に白山でバードウオッチングも。自然に触れながら交流が深まり、遠足のようで楽しかったです。

    ほかにも看護師の奨学金制度を設けている病院がいくつもあり、それぞれ金額・条件・選考方法は違いますが、卒業後に指定の病院で一定期間勤務すると返済が免除・減免される仕組みです。自分が働きたい病院で募集があれば応募してみるのはいいと思います。 介護や福祉を学ぶ社会福祉学科と、リハビリテーションを学ぶ医療健康学部が同じ大学にあることも、チーム医療の観点でプラスになっていると感じます。

    看護学科イメージ

    スポーツやゲームを楽しむサークルで、キャンパスの違う他学部の同級生や先輩とも仲良く交流。