蘇 哲
(そ てつ)

職位 教授
学位 修士(歴史学)

メッセージ
研究領域は中国の魏晋南北朝の歴史と考古学ですが、「言葉と文化・中国語」の授業も担当しています。
三国志や邪馬国のことだけではなく、現代中国の動向や大陸・台湾における日本流行文化に関する質問もお気軽にどうぞ。多文化共生社会づくりについて一緒に考えましょう。


学歴 出身大学
北京大学歴史系

出身大学院
北京大学大学院魏晋南北朝考古学専攻
資格
職歴 北京大学考古学系 助教
北京大学考古学系 専任講師
北京大学考古学系 副教授
金城大学社会福祉学部 助教授
金城大学社会福祉学部 教授
専門分野 東洋史-中国魏晋南北朝史と考古学
研究テーマ 魏晋南北朝時代の壁画墓
主な著書・論文 主な著書
『魏晋南北朝壁画の世界―絵に描かれた群雄割拠と民族移動の時代』白帝社 2007年

主な論文
①「五胡十六国・北朝時代の出行図と鹵簿俑」(『東アジアと日本の考古学』Ⅱ、同成社2002年3月)
②「北周安伽墓・史君墓の画像石に関する一考察」(『日中交流の考古学』同成社 2007年3月)
③「隋李和墓石棺画像考」(『日本考古学』第29号 2010年5月)
④「墳墓の画像資料から見た北魏平城時代の暮らし」(『大青山一帯の北魏城址の研究』平成22~平成25年度科学研究費補助金基盤研究(B)研究成果報告書(研究代表者佐川英治)2013年6月)
所属学会 日本中国考古学会
唐代史研究会
主な担当授業科目 言葉と文化(中国語)Ⅰ~Ⅳ
東洋史
主な社会活動 奈良県立橿原考古学研究所付属博物館「友史会」 講師
小松市社会福祉協議会「おとこ塾」 講師
他教職員から見た
蘇教授
「国際交流センター」のメンバーとして永く一緒に仕事をしていて感ずることは、国際交流に並々ならぬやる気と情熱を持っている方です。
また教育と研究に真剣で、常に最新の科学的知識を吸収し世界情勢に注意を注ぎ、留学生に限らず接する学生に対してとても親切で温かい先生です。
相手に対して笑顔を絶やさずユーモアを交えた会話を心掛け、自らのことを「文化人類学者」と称し、一緒にいる人を飽きさせることのない先生です。