社会福祉学部イメージ画像

保育から介護まで、
地域の福祉環境を考える人に。

小林 千恵子 教授

社会福祉学部長



社会福祉学部には、社会福祉、生活支援、医療情報の3コースを擁する社会福祉学科と、子ども福祉学科があります。これは、働く現場として保育施設と老人ホームが併設され始めているという現状だけでなく、地域の福祉環境をより良くしていくという地方大学の役割を担うもの。子どもも高齢者の方も生活の中心は地域にあり、地域福祉との密接なつながりなくして、適切な保育も福祉、介護も実現できないからです。さらには、医療健康学部で習得できるリハビリテーションや予防医学も、今後は地域福祉にいっそう寄与する分野です。これらの共有・融合できる学資を生かし、金城大学では、学部や専攻を越えて「地域福祉に貢献する人の育成」を目指しています。4年間の大学生活を通じて、一人ひとりが自分なりに地域福祉や介護予防の課題を発見し、卒業後にはその知識とノウハウを地域に還元できる人に育ってほしいと強く願っています。


入学願書請求申し込み

子ども福祉学科 平成30(2018)年4月開設予定(設置構想中、教職課程認定申請中)
社会福祉学部・学科構成図

社会福祉学部

保育から医療・介護まで、
地域に生かせる福祉マインドを育てる

社会福祉学科の3つのコースと子ども福祉学科では、社会福祉の知識とマインドをしっかりと身につけていきます。これを基盤に、高齢者や子ども、障害者福祉など、さまざまな分野へ羽ばたける専門性を重ねていく。それが金城大学の社会福祉学部で学ぶ大きなメリットです。健常者も含めた地域社会全体をよりよいものにすることに献身できる、地域福祉のリーダー的人材の育成を目指しています。

学外実習や地域活動も充実
バランスの取れたきめ細やかな修学指導

本学部では、施設での実習に加え、ボランティアを単位認定する仕組みもあり、地域社会に触れる機会が多く設けられています。そこでは、机上では学びきれない経験が待っていることでしょう。こうした体験から生まれるモチベーションを、少人数制の修学指導でさらにきめ細やかにフォローするのが本学部の特徴です。1年次からの国家試験対策も組み合わせながら、実践力を磨いていくことになります。


福祉を基礎に広い視野で学ぶことで
卒業後のキャリアを描く

社会福祉学部での学びは、子ども、医療、介護、どんな分野でも、いずれ社会福祉士の資格や福祉の知識を生かし、幅広く地域に貢献できる将来像を描くこともできます。自らの多様なライフステージに合わせた働き方を創造し、永い目でキャリアを築く力を身につける場でもあるのです。福祉の仕事は、対人関係のコミュニケーションです。福祉はもちろん、さらに広い世界で活躍できる人材を育成します。

社会福祉学科

社会福祉コース

生活支援コース

医療情報コース

医療・福祉ビジネスコース

子ども福祉学科