社会福祉学部イメージ画像

社会福祉学部長

子どもから高齢者まで
人に寄り添い、笑顔を育む
地域福祉のリーダーに

加納 宏志 教授

社会福祉学部長

社会福祉学部には、社会福祉、生活支援、医療情報の3コースを擁する社会福祉学科と、子ども福祉学科があります。これは、働く現場として保育施設と高齢者施設が併設され始めているという現状だけでなく、地域の福祉環境をより良くしていくという地方大学の役割を担うものです。子どもも、高齢者も、障がい者も生活の中心は地域にあり、地域福祉との密接なつながりなくして、適切な保育も福祉、介護も実現できないからです。金城大学は4年制大学の充実した基礎教育、学外実習などのカリキュラムにより、高い資格試験合格率・就職率を誇りますが、何よりも広い視野と実践力を備えたエキスパートの育成に力を注いでいます。社会福祉士・介護福祉士、診療情報管理士、保育士・幼稚園教諭などの資格取得がゴールではなく、卒業後は「人に寄り添い笑顔を育める」専門職として、大学生活を通じて培った知識と経験を駆使し、常に人のために何ができるかを考え、自ら課題を発見し、率先して地域福祉に貢献できる人に育って欲しいと願っています。

学校案内入学願書請求

社会福祉学部・学科構成図

社会福祉学部

  • 保育・福祉・医療情報まで
    地域に根ざした人材を育成

    保育・福祉・医療情報まで地域に根ざした人材を育成 金城大学の社会福祉学部で学ぶ大きなメリットは、保育・福祉・医療情報の知識を4年間で学べることです。これを基盤に、子どもや高齢者、障害者福祉、病院などさまざまな分野へ羽ばたける専門知識を身につけることができます。地域社会全体をよりよくすることに貢献できる、地域福祉のリーダー的人材の育成を目指しています。

  • 学外実習や
    地域活動も充実

    社会福祉学部では、施設・病院での実習やボランティア活動を単位認定する仕組みもあり、地域社会に触れる機会が多く設けられています。そこでは、机上では学ぶことのできない課題を発見する力、コミュニケ-ション力、実践力を身につけることができます。

  • 広い視野で学ぶことで
    卒業後のキャリアを描く

    社会福祉学部での学びは、子ども、福祉、医療情報、どんな分野でも、いずれ専門職の資格や知識を生かし、幅広く地域に貢献できる将来像を描くこともできます。自ら多様なライフステージに合わせた働き方を創造し、キャリアを磨く力を身につけることができます。

社会福祉学科

社会福祉コース

生活支援コース

医療情報コース

子ども福祉学科