社会福祉学部イメージ画像

保育から介護まで、
地域の福祉環境を考える人に。

加納 宏志 教授

副学長 兼 社会福祉学部長
主な担当科目 日本史Ⅰ・Ⅱ/文書処理演習

社会福祉学部社会福祉学科には、社会福祉、介護福祉、医療情報の3コースを擁する社会 福祉専攻と、こども専攻があります。これは、働く現場として保育施設と老人ホームが併設され始めているという現状だけでなく、地域の福祉環境をより良くしていくという地方大学の役割を担うもの。こどもも高齢者の方も生活の中心は地域にあり、地域福祉との密接なつながりなくして、適切な保育も福祉、介護も実現できないからです。さらには、医療健康学部で習得できるリハビリテーションや予防医学も、今後は地域福祉にいっそう寄与する分野です。これらの共有・融合できる学資を活かし、金城大学では、学部や専攻を越えて「地域福祉に貢献する人の 育成」を目指しています。4年間の大学生活を通じて、一人ひとりが自分なりに地域福祉や介護予防の課題を発見し、卒業後にはその知識とノウハウを地域に還元できる人に育ってほしいと強く願っています。


入学願書請求申し込み

インターネット出願

社会福祉学部の構成

社会福祉学部・学科構成図

社会福祉学部 社会福祉学科

社会福祉専攻

保育から介護まで。社会福祉学部で、共に地域と福祉を学ぶ環境

授業風景

社会福祉学部社会福祉学科には、2つの専攻からなる4分野の学びがあります。【社会福祉専攻】では、地域の医療・福祉施設や自治体、一般企業などでの活躍を見据え、社会福祉をベースとした各コースの専門性を強化。【こども専攻】では、こどもはもちろんこどもを取り巻く社会環境にも対応できる保育者を目指し、社会福祉の視点をもって学んでいきます。高齢者も障がい者もこどもも、生活の基盤は地域社会。そして超少子高齢化へと向かう今、地域が一体となって人々の生活を支えるシステムが求められています。地域にあって地域を動かす、リーダーとなれる人材を目指していきます。

さまざまな現場で行われる学外実習を通して、理解を深める

社会福祉専攻では、障害者支援施設や高齢者福祉施設など、さまざまな施設での実習を体験。机上では学びきれないコミュニケーション能力の大切さを実感し、模索しながら学ぶことで本当の適性や希望を見極めていきます。また、こども専攻は、キャンパス内に附属幼稚園を擁する恵まれた環境を活かし、日常的にこどもと接する4年間です。変化する保育現場に対応する保育士・幼稚園教諭の資格・免許を手にするため、各自の将来的希望や特性に応じた体験と実習を考えます。