看護学部イメージ画像



幅広い視野をもった
『看護のエキスパート』を育成。

永山 くに子 教授

看護学部長
専門領域:母性看護学

医師やその他の医療スタッフと連携し、病人やけが人の回復に努める看護師。その仕事に求められるのは医師とは違う独自の視点です。患者さんの日々の変化を“線”で細やかに見守り、専門的知識と五感で判断する高度な能力が必要です。一方、超高齢社会に伴い社会福祉施設、訪問看護ステーションなど幅広い領域で高まる看護師へのニーズ。福祉・医療を包含する「チーム 医療」の中核として地域で活躍できる看護師の育成が急務です。本学では学士課程に準拠したカリキュラムによって、かけがえのない命と向き合うものとして、人間力を磨き、論理的な思考を備えた専門職たる『看護のエキスパート』の育成を目指し、教養教育・専門基本科目ならびに専門科目を配置し展開します。そして、先行する医療健康学部の理学療法士や作業療法士ならびに社会福祉学部の社会福祉士・介護福祉士との協働や共同研究へのコラボレーションによる成果が期待されています。
     


入学願書請求申し込み

インターネット出願

看護学部

医療・福祉が感化しあう学びで、地域ニーズに応える看護師へ

昨今あらゆる地域で療養型病棟や訪問看護ステーションなどの整備が進み、金城大学のある白山市でも、住み慣れた地域で医療や介護のサービスを受けられる「地域包括ケアシステム」の体制が強化されています。そんな中、看護師の仕事は病院だけでなく在宅ケアや訪問看護、医療・福祉の専門スタッフとの連携やマネジメントへと広がりを見せています。患者さんやご家族のケアにチームで一丸となって取り組むために、医療・福祉の垣根を越えた学びは不可欠。金城大学では社会福祉学部、医療健康学部、そして看護学部が互いに融合し、感化しあう環境の中で、チーム医療の現場で指導的役割を果たす看護師を目指します。

高度な専門性を身につける、看護の基本に特化した4年間

看護師はもともと専門性の高い仕事。しかも、現場が求める仕事のレベルは上がる一方です。そこで、必然なのが、4年制大学による徹底した看護教育。看護に必要な専門性・技術力はもとより、看護実践を検証する力はもちろん、一般教養で育まれる人間力や、卒業研究で培われる課題を発見して、それを解決する能力こそが、看護師の核となる能力だからです。一方で、保健師助産師看護師法の改正による保健師教育課程や助産師教育課程の取得単位数増加によって、4年間に保健師・助産師養成のカリキュラムを含めることは過密になっています。本学部では看護基礎教育の基本に特化した学びを充実させることで卒後教育に繋がるようなハイレベルな教育を目指します。

さまざまな環境に深く身をおき、適性を高める臨地実習

看護の学びを統合する「臨地実習」(病院等で行う学外実習)は3年次後期から4年次前期に集中。この期間の履修展開は、日々の準備や振り返りに時間をかけ、看護実践を検証していくことになります。本学部は、主たる実習の場である公立松任石川中央病院に隣接。地域の中核病院や保健・福祉施設と密接に連携してゆくことで、学生と現場が相互に影響し、成長しあえる環境が提供されます。他にも、在宅や高齢者および母性や小児を対象とした保健・福祉施設などさまざまな実習環境を用意。自身の適性を高め、専門性を深化させていきます。

提携病院

公立松任石川中央病院
[診療科]30科 [病床数]305床
[職員数]508人(臨時職員含む・平成28年4月現在)
[各種指定]保険医療機関指定、救急告示病院、地域医療支援病院、災害拠点病院、
      石川県地域がん診療連携推進病院 など

公立つるぎ病院
[診療科]14科 [病床数]152床
[職員数]224人(臨時職員含む・平成28年4月現在)
[各種指定]]保険医療機関指定、救急告示病院、特定疾患治療研究機関 など

能美市立病院、やわたメディカルセンター、小松市民病院、金沢赤十字病院、金沢市立病院、北陸病院、芳珠記念病院、金沢医科大学病院、ときわ病院、医王病院、石川病院、松原病院、石川県済生会金沢病院 ほか