看護学部イメージ画像



幅広い視野をもった
『看護のエキスパート』を育成。

永山 くに子 教授

看護学部長
専門領域:母性看護学

医師やその他の医療スタッフと連携し、病人やけが人の回復に努める看護師。その仕事に求められるのは医師とは違う独自の視点です。患者さんの日々の変化を“線”で細やかに見守り、専門的知識と五感で判断する高度な能力が必要です。一方、超高齢社会に伴い社会福祉施設、訪問看護ステーションなど幅広い領域で高まる看護師へのニーズ。福祉・医療を包含する「チーム 医療」の中核として地域で活躍できる看護師の育成が急務です。本学では学士課程に準拠したカリキュラムによって、かけがえのない命と向き合うものとして、人間力を磨き、論理的な思考を備えた専門職たる『看護のエキスパート』の育成を目指し、教養教育・専門基本科目ならびに専門科目を配置し展開します。そして、先行する医療健康学部の理学療法士や作業療法士ならびに社会福祉学部の社会福祉士・介護福祉士との協働や共同研究へのコラボレーションによる成果が期待されています。
     


入学願書請求申し込み

看護学部

豊かな人間性と医療人としての
高い倫理観を培う

看護師は、生老病死という重要なライフイベントに関わる大きな役割と責任があります。そして、現場が求める仕事のレベルも高まる一方。だからこそ、4年間かけて、豊かな人間性と看護の基礎を大切に育てる必要があります。その上にはじめて、高い専門性を重ねていくことができるからです。金城大学では、基礎を徹底し、主体的な学びと成長、医療人としての倫理観の形成に繋がる教育を目指します。


地域に根差した
ケアシステムの構築を目指す

住み慣れた地域で医療や介護のサービスを受けられる「地域包括ケアシステム」の構築が各地で進んでいます。そのような中、金城大学のある白山市でも、地域に根ざした看護師育成を望む声が高まり、本学の看護学部は設立されました。大学として地域の保健活動に貢献し、多職種を目指す学生がともに学び合う環境で、切れ目のないケアを提供する地域包括ケアをリードできる看護師を育成します。


エビデンスに基づく
看護実践能力を磨く

臨床で看護師に求められるのは、エビデンス(根拠)に基づく看護です。なぜそれをするのか? という問いは、自らの成長にもつながる大切な要素。金城大学では、段階を経てその看護実践力を磨いていきます。1年生から始まる臨床実習でも、丁寧に振り返りをし、そこから見出した課題を、次の学びへと生かしていきます。その積み重ねが、最終学年で自己の看護観を認識することへとつながるのです。


チームワークと
協働の力を身につける

良質の医療を提供するためには、さまざまな専門職がチームとして連携・協働することが求められます。金城大学では、医療・介護・福祉の各学部の交流により、チームの中で力を発揮できる看護師を育てます。また、主たる実習の場である公立松任石川中央病院に隣接。地域の中核病院や保健・福祉施設と密接に連携していくことで、学生と現場が相互に影響し、成長しあえる環境が提供されています。



提携病院

公立松任石川中央病院
[診療科]30科 [病床数]305床
[職員数]508人(臨時職員含む・平成28年4月現在)
[各種指定]保険医療機関指定、救急告示病院、地域医療支援病院、災害拠点病院、
      石川県地域がん診療連携推進病院 など

公立つるぎ病院
[診療科]14科 [病床数]152床
[職員数]224人(臨時職員含む・平成28年4月現在)
[各種指定]]保険医療機関指定、救急告示病院、特定疾患治療研究機関 など

能美市立病院、やわたメディカルセンター、小松市民病院、金沢赤十字病院、金沢市立病院、北陸病院、芳珠記念病院、金沢医科大学病院、ときわ病院、医王病院、石川病院、松原病院、石川県済生会金沢病院 ほか