看護学部イメージ画像

“生きる力”と“活きる力”を支え、
人のこころに寄り添える
看護のプロフェッショナルに

一ノ山 隆司 教授

看護学部長

急速に進む超高齢社会において看護の役割は拡大しています。看護学は、人間の命や健康、生活を支える学問として発展を続け、看護のフィールドが病院から地域・在宅へと広がり、看護の専門性と自立した専門職者が求められます。更に、医療の高度化、保健・医療・福祉の変化に対応できる看護学の専門知識と実践力が重要になります。看護学部では、充実したシミュレーション教育による看護実践力の強化、情報通信技術に対応した教育実践、きめ細かな教育サポートにより看護学を探究することができます。また、「科学的根拠に基づいた看護」、「地域で生活する人々を尊重した生活支援」、「学修深度に応じた段階的な臨地実習」をもとに「情報収集・分析による課題解決力」、「探究力の醸成」、そして「豊かな人間性・倫理観」を育むカリキュラムを編成しています。特に多職種連携・協働するために医療健康学部の理学療法士・作業療法士、人間社会科学部の社会福祉士・介護福祉士を目指す学生と学び合える充実した教育環境も金城大学の特色です。グローバルに学びグローカルな視点で保健・医療・福祉に貢献できる人材を養成します。

学校案内入学願書請求

看護学部

  • 豊かな人間性と
    医療人としての高い倫理観を培う

    看護師は、生老病死という重要なライフイベントに関わる大きな役割と責任があります。そして、現場が求める仕事のレベルも高まる一方。だからこそ、4年間かけて、豊かな人間性と看護の基礎を大切に育てる必要があります。その上ではじめて、高い専門性を重ねていくことができるからです。金城大学では、基礎を徹底し、主体的な学びと成長、医療人としての倫理観の形成に繋がる教育を目指します。

  • エビデンスに基づく
    看護実践能力を磨く

    臨床で看護師に求められるのは、エビデンス(根拠)に基づく看護です。なぜそれをするのか? という問いは、自らの成長にもつながる大切な要素。看護学部では、段階を経てその看護実践力を磨いていきます。1年生から始まる臨地実習でも、丁寧に振り返りをし、そこから見出した課題を、次の学びへと生かしていきます。その積み重ねが、最終学年で自己の看護観を認識することにつながります。

  • チームワークと協働の力を身につけ
    地域で活躍できる看護師を育成する

    良質の医療を提供するためには、様々な専門職がチームとして連携・協働することが求められます。金城大学では医療・生活支援・福祉の各学部の学生が共に学び合う環境の中で、チームワークと協働の力を身につけた看護師を育てます。また、実習では、白山市の公立松任石川中央病院と大学が密接な連携をとり学生に充実した学びの場を提供しています。また、患者が住み慣れた地域で医療や介護のサービスを受ける「地域包括ケアシステム」の構築が進む中、地域包括ケアをリードできる地域に根差した看護師を育成します。

  • 公衆衛生看護学専攻科