大学院

大学院

リハビリテーション学研究科
リハビリテーション学専攻
(修士課程)

実践力の向上を重視し、臨床的・実践的な学修・研究を行います

北陸地域の私立大学に初めて設置されるリハビリテーション関連の大学院。
多様化・高度化するリハビリテーション関連業務に対応可能な、高度で先端的な知識・技術等を備えた専門性の高い人材の養成を目指します。
就職している人でも学びやすいように、授業は夜間・週末等にも実施します。


詳しくはこちら

  • 次世代リーダー養成のための実践力を高める教育体制

    金城大学大学院では、職場における様々な経験・知見等を基礎とし、多様な専門領域の教員と共に、臨床的・実践的な学修・研究を行うことを重視します。その基礎としてリハビリテーション研究法特論・演習などの科目を開講し、専門科目の特論・演習、特別研究(研究指導)につなげます。そして、大学院の学修・研究を実践に活かし、リハビリテーション領域のリーダーとなることを目指します。また、大学院後期課程への進学、養成校の教員となることなども積極的に支援します。


    就業しながら学べる昼夜開講制・長期履修制度

    金城大学大学院では、働きながら学ぶ院生を応援するために、夜間(18時以降に2コマ開講予定)・週末などにも授業を開講し、夜間・週末などの履修により修了に必要な特論(講義科目)・演習・特別研究(研究指導)等の単位を全て修得し、大学院を修了することを可能にします。また2年間分の授業料で、計画的に4年間まで学べる、長期履修制度を設けます(詳細については、お問い合わせください)。


    授業料や奨学金制度など経済的負担にも配慮

    金城大学大学院では、働きながら学ぶ院生を応援するために、学納金(授業料、教育充実費など)を、リハビリテーション関連の私立大学や他の私立大学大学院に比較して、大幅に低く設定しています。また、金城大学卒業生に関しては、入学金が減額されます(詳細については、お問い合わせください)。