医療健康学部イメージ画像


“健康”長寿への鍵を握る、
リハビリテーション医療。


澤 俊二 教授

医療健康学部長

医療健康学部には、理学療法学科と作業療法学科があります。ともに将来のリハビリテーション分野を支える理学療法士と作業療法士を目指す学科です。人間は進化の過程で、海から陸に上がりましたが、その時に海水を体内で保持する機能と、重力に抗して血圧を保つ機能を獲得しました。陸上動物は動いてこそ、初めてこれらの機能が正常に保たれることが最近の研究でわかってきました。これが動物の本質です。動かなければ、健康が保てないのです!
現在社会には、運動や自動車事故などでケガをしたスポーツ選手や社会人から、安静を余儀なくされている病人まで、動けなくなっている人が大勢います。特に、高齢化を迎えた日本では、病気でなくても「閉じこもり」などから“不活動”となる人の割合が急増しています。これらに対して急性期の最新医療は無力で、リハビリテーションこそが将来の医療の礎になると思っています。しかも、誕生から死に至るまでがリハビリテーションの範疇です。理学療法士・作業療法士は社会貢献できる仕事です。意欲のある諸君、一緒に世界一の健康長寿王国をつくってみませんか!


入学願書請求申し込み

医療健康学部

時代が求める医療・福祉の
リーダー的人材を育成

日本は、超少子・高齢社会へと進んでいます。そのような中、心身を病み、傷ついた人の生活再建を支援する理学療法士・作業療法士は、ますます必要とされ、活躍の場も広がりを見せています。医療健康学部では、基礎医学と臨床医学をベースに、幅広い知識と実践力を持つ医療・福祉のリーダーを育成します。


専門の垣根を越えた学びが
幅広い知識と実践力の基盤に

住み慣れた場所で、その人らしい暮らしを支える「地域包括ケアシステム」に、リハビリテーション専門職は欠かせません。医療健康学部は、医学とともに、看護学部や、社会福祉士や介護福祉士、保育士等を養成する社会福祉学部と連携して、教育を進めています。医療・福祉の多職種を目指す仲間とふれあえる環境で、幅広い専門知識と実践力を磨くことが可能です。


少人数修学担当制などで
一人ひとりの確実な成長をサポート

医療健康学部では、少人数の学生に担当の教員がつく、少人数修学担当制を1年次から導入しています。担当教員が学生一人ひとりと真摯に向き合い、学生自身が主体的に課題を解決していけるよう支援します。さらに、専門技術を修得するための客観的臨床評価試験(OSCE)や、Active Learningの実施など、学生一人ひとりが確実に成長するための方法を、工夫を重ねて数多く導入しています。


国家試験にも、就職にも強い
早期からのきめ細やかな指導と対策

本学の理学療法士・作業療法士ともに地域のニーズは高く、毎年卒業見込み生の10倍を超える求人があります。平成28年度卒業生の就職率は100%。そのうち地元石川県に就職する学生は50%超です。また、早期から開始する手厚い国家試験対策で、国家試験合格率は毎年90%以上と、全国でもトップクラスとなっております。皆、本学での学びを生かし、地域貢献をしようという意欲に満ちて巣立っていきます。


理学療法学科

作業療法学科


理学療法士と作業療法士の役割

理学療法は日常生活に必要な基本動作能力の運動機能を回復、改善させる仕事です。一方、作業療法はその基本動作能力を実際の生活に応用し、対象者の希望を叶える仕事です。簡単に言えば、理学療法士は「立つ、座る、歩く」といった基本的な動作の練習をし、作業療法士は、記憶力や注意力などの脳の機能や手の機能を回復させ、仕事や趣味を楽しめるようにします。リハビリテーションにおいて、理学療法士と作業療法士の連携は重要なポイントです。

〈悠遊健康サークルホームページ〉
http://www.kinjo.ac.jp/ku/yuyu/

悠遊健康サークル

「悠遊健康サークル」は、市内在住の高齢者の健康増進を目的に、金城大学と白山市が官学連携で活動しているサークルです。