幼児教育学科

充実した実習教育・丁寧な指導

保育の現場で、
50日の実習を体験します。

実際に子どもたちとふれあい、子ども理解を深めるための「実習」の多さも大きな特徴。学生は自分の心と体で貴重な体験を積みます。そして、真のプロフェッショナルとしての知識とスキルを修得していきます。

本学では体験学習も含めて、50日に及ぶ実習期間を確保し、学ぶものとしての成長を目指して現場経験の機会を用意しています。実際に子どもと関わり、子ども理解を深め、幼児教育のプロフェッショナルへと成長するプロセスがしっかり整っています。

授業風景

授業風景

充実した実習

幼稚園 20日間
保育所 20日間
児童福祉施設 10日間
合計 50日間
ページトップ